水素エネルギー社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水素循環社会の要素
移動式の水素製造プラント船で水を電気分解するHydrogen challenger

水素エネルギー社会(すいそえねるぎーしゃかい)は、二酸化炭素を排出しないエネルギー源である水素を活用する社会システム[1]。水素社会とも呼ばれている。

背景[編集]

石油石炭などの炭化水素は、燃焼時に二酸化炭素を生じるため、環境負荷の問題が生じるが、水素は、燃焼時にを生成するのみで、環境負荷が低い。また、資源としての産出量や枯渇の問題もないため、エネルギー源として有望である[2]。水素を用いる燃料電池の原理は19世紀には見出されていたが、社会システム面までの言及は、1970年ミシガン大学 Lawrence W. Jones の Toward a liquid hydrogen fuel economy による。[3]

燃料電池は内燃機関よりも技術的には高度ではあるものの、全体的な効率は内燃機関よりも高効率ではない[4]。燃料電池は自動車船舶から携帯端末コンピュータまで様々な用途における電力を供給可能である。

燃料電池自動車は、乗用車ではトヨタ・MIRAIヒュンダイ・ix35 FCEVホンダ・クラリティ フューエル セルなど、路線バスではトヨタ・SORAなどのようにリース販売や一般販売が行われるようになっており、他の主要な自動車会社でも燃料電池車の開発が進められている[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 水素エネルギー社会の実現 エネルギー白書2013,資源エネルギー庁
  2. ^ 水素エネルギー社会に向けた取組,資源エネルギー庁
  3. ^ Lawrence W. Jones, Toward a liquid hydrogen fuel economy, ミシガン大学 engineering technical report UMR2320, 1970.
  4. ^ Sustainable Energy, MIT Press (2005), Tester, Drake, Driscoll, Golay, Peters
  5. ^ Fakta bränsleceller”. 2015年2月27日閲覧。