水衡都尉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水衡都尉(すいこうとい)は、古代中国の官名。

前漢武帝元鼎2年(紀元前115年)に置かれた。秩禄二千石(『漢書』百官公卿表上)。皇帝の所有する広大な山沢である「上林苑」、及び上林苑で行われる銭(五銖銭)の鋳造を所管した。

属官[編集]

属官には以下のものがあった(『漢書』百官公卿表上)。

  • 上林
  • 均輸
  • 御羞
  • 禁圃
  • 楫櫂
  • 鍾官
  • 技巧
  • 六厩
  • 弁銅
  • 衡官
  • 水司空
  • 都水
  • 農倉
  • 甘泉上林都水

成帝の時に技巧、六厩は廃止された。王莽の時()には改称して予虞と称した。後漢になると廃止され職務は少府が引き継いだ(『続漢書』百官志)。

参考文献[編集]