水谷勝美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

水谷 勝美(みずのや かつよし、1663年寛文3年)-1693年11月3日元禄6年10月6日))は、備中松山藩の第3代藩主。第2代藩主・水谷勝宗の次男。母は青山幸成の娘。正室は水戸支流府中藩主・松平頼隆の娘。官位は従五位下、出羽守。

寛文12年2月8日(1672年)、初めて将軍徳川家綱御目見する。延宝4年12月26日(1676年)、従五位下出羽守に叙任。生来病弱であったが、元禄2年閏正月14日(1689年)、父勝宗の隠居により家督を継いだ。6月28日はじめて領地松山に入る。

民政や治水工事、土木工事に尽力し、特に松山川沿岸の堤防は「水谷普請」と呼ばれた。しかしこのような無理と、もともと病弱だったことがたたって、元禄6年10月6日(1693年11月3日)に31歳で死去した。法号は隆昌寺殿天山全長大居士。

実子がなく、従兄弟にあたる旗本・水谷勝阜の長男・勝晴末期養子にしたが、家督相続前の同年11月27日に死去したため、水谷氏は無嗣断絶で改易となった。備中松山城の召し上げにあたって、赤穂藩主・浅野長矩が城受け取り役となり、1年半後に安藤重博が新城主として入城してくるまでの間、浅野家家老の大石良雄が松山城の管理を行った。

大名としての水谷家の名跡はこれをもって絶えたが、勝美の弟水谷勝時が3000石の旗本として名跡存続を許された。さらにその養子の勝英の代に500石が加増されて3500石の上級旗本となり、この知行のままで明治維新を迎えた。