水貝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

水貝みずがい)は、アワビの料理法のひとつ。刺身の一種。

生のアワビを水洗いしてから、ワタを取り外し、身を大き目の角切りにして、冷水または海水程度の塩水に浮かべる。そこに氷と彩り用のキュウリウドの薄切りを浮かべる。そのまま、もしくは醤油三杯酢、酢味噌をつけて食べる。

磯の香りとコリコリした歯ざわりが特徴である。そのため、日本産の3種の大型のアワビ(クロアワビ,メガイアワビ,マダカアワビ)のうち、最も歯ごたえの強いクロアワビ及びクロアワビの亜種のエゾアワビがこの調理に適する。

俳句では季語

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 広辞苑第5版
  • 『俳句歳時記 第4版』、 角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  • 『四季 日本の料理 夏』、講談社、1998年、ISBN 4-06-267452-1