水越豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水越 豊(みずこし ゆたか、1956年 - )は、日本経営コンサルタントボストンコンサルティンググループ前日本代表、シニア・パートナー&マネージング・ディレクター。金沢工業大学大学院知的創造システム専攻客員教授。


経歴[編集]

東京都立国立高等学校出身。AFS20期生。

  • 2005年:同社 日本代表 就任
  • 2016年:同社 シニア・パートナー&マネージング・ディレクター 就任
  • 2016年:アサガミ株式会社社外取締役 就任
  • 2016年:ライフネット生命保険株式会社 社外取締役 就任
  • 2018年:株式会社CAPCOM社外取締役 就任
  • 2019年:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会 理事 就任


新日本製鐵では八幡製鐵所へ配属され、工程管理を担当していた。 その後、社内留学でスタンフォード大学へ留学しMBAを取得。 1990年にボストンコンサルティンググループに入社。

著書に『BCG戦略コンセプト』(ダイヤモンド社) 監修に『新興国発 超優良企業 GLOBALITY』(講談社)がある。

幅広い競技に対して解説者並みの知見を持つBCGのスポーツ博士と呼ばれている。

過去に、なでしこリーグへの無償のコンサルティング支援(プロボノ・プロジェクト)も担当。

著書[編集]

  • 『BCG戦略コンセプト - 競争優位の原理』(ダイヤモンド社、2003年、ISBN 4-478-37444-9)