水道山記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
水道山記念館

水道山記念館(すいどうやまきねんかん)は、群馬県桐生市堤町にある旧配水事務所である。

概要[編集]

桐生市では、1922年大正11年)より水道敷設の調査が開始され、1927年(昭和2年)に渡良瀬川左岸一帯を水源地とすることに決定した。水道山(小曾根山・金毘羅山)に高区・低区配水池が新設され、高区からは山手方面に、低区から平地の市街地に通水することとし[1]1932年(昭和7年)4月には給水開始されるに至った[2]

水道山記念館は、桐生市水道課(現在の桐生市水道局)の配水事務所として1932年(昭和7年)に建設された[3]。木造平屋建、外壁はスクラッチタイル貼り、屋根は瓦葺である。水道山(小曾根山)の中腹にあり、高区配水池に隣接している。

1985年(昭和60年)から1986年(昭和61年)にかけて改修工事が行われ「水道山記念館」と改称し、展示室・会議室として利用されている[3]。旧配水事務所は1997年(平成9年)に、高区・低区配水池、高区・低区量水室とともに国の登録有形文化財となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『ふるさと桐生のあゆみ』189頁 上水道の給水開始
  2. ^ 『桐生の歴史』136頁 近現代の桐生 明治から現在までの文化事情
  3. ^ a b 桐生市 施設案内 水道山記念館 2016年平成28年)1月27日更新、2017年(平成29年)7月1日閲覧。
  4. ^ 桐生市 国登録文化財 水道山記念館(旧配水事務所) 2016年平成28年)9月6日更新、2017年(平成29年)7月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 桐生文化史談会『桐生の歴史』1983年昭和58年)
  • 桐生市教育委員会 『ふるさと桐生のあゆみ』 1998年(平成10年)

関連項目[編集]