水酸化鉛(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
水酸化鉛(II)
IUPAC名 水酸化鉛(II)
組成式 H2O2Pb
式量 464.41 g/mol
CAS登録番号 19783-14-3
水への溶解度 0.17 g/100 mL (20 ℃)
融点 145 ℃分解
出典 MSDS

水酸化鉛(II)(すいさんかなまり に、lead(II) hydroxide)は、化学式 Pb(OH)2 で表される無機化合物で、水酸化物である鉛イオン水酸化物イオンからなる物質である。単に水酸化鉛と呼ばれることも多い。CAS登録番号は19783-14-3。

性質[編集]

常温では無色無臭。には溶けづらい。水溶液はアルカリ性である。145°Cで分解して水を失い、一酸化鉛になる。強熱するとヒュームとして発生するため危険とされる。鉛と同様の発癌性があり、鉛中毒を引き起こす可能性がある。

製法[編集]

硝酸鉛(II) を水に溶かし水酸化ナトリウムを加えると発生する。水に溶けづらいため沈澱する。

利用[編集]

過硫酸カリウムを加えてpH 12–13、30–60°Cで攪拌し、80°Cに加熱した後にろ過し、取り出した物質を90°Cで加熱すると、二酸化鉛が生成する。

関連項目[編集]