水野伊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水野 伊太郎(みずの いたろう、1896年明治29年)6月20日[1] - 1964年(昭和39年)3月26日[2])は、日本外交官特命全権公使

経歴[編集]

静岡県出身。1919年大正8年)、高等試験外交科に合格し、翌年に東京帝国大学法学部法律科を卒業した[3]。大使館三等書記官、外務事務官、公使館二等書記官、同一等書記官を歴任し、その間にベルギーフランスルーマニアユーゴスラビアに勤務した[3]1935年(昭和10年)、外務書記官・調査部第二課長となり[1]、通商局第一課長、同第三課長兼第四課長などを経て、1940年(昭和15年)に通商局長に就任した[3]。さらに南洋局長、大東亜省南方事務局長を務め[4]1944年(昭和19年)から日泰攻守同盟条約慶祝使節随員首席の特命全権公使として、広田弘毅元首相、矢田部保吉特命全権大使朝海浩一郎書記官東光武三書記官らとタイ王国に派遣された[5]

戦後は南洋協会理事長を務めた[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本官界名鑑 1936.
  2. ^ 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、985頁。
  3. ^ a b c 人事興信録 1941.
  4. ^ 人事興信録 1943.
  5. ^ 『官報』第5342号、昭和19年11月2日。
  6. ^ 第1次在外財産問題審議会提出資料(2)』 アジア歴史資料センター Ref.A13111641200 

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年
  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十二年版』 日本官界情報社、1936年