水野信元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
水野 信元
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天正3年12月27日1576年1月27日
改名 忠次→信元
別名 藤四郎、藤七郎
戒名 信元院殿大英鑑光大居士
墓所 楞厳寺 (刈谷市)
官位 下野守
主君 足利義昭
氏族 水野氏
父母 父:水野忠政、母:松平信貞の女
兄弟 近守信元信近忠守、近信、忠勝、藤助、忠分忠重、娘(松平家広室)、於大の方、娘(石川清兼室)、娘(水野豊信室)、娘(中山勝時室)、娘(水野忠守室)
松平信定の女
実子:十郎三郎、甚左衛門(茂尾平兵衛)[注釈 1]土井利勝後述
養子:信政(元茂)(弟・信近の子)

水野 信元(みずの のぶもと)は、戦国時代大名水野忠政の次男。母は松平信貞(昌安)の女[注釈 2]。初名は忠次。通称は藤四郎(藤七郎)。受領名下野守。妻は松平信定の女。

経歴[編集]

家督継承[編集]

天文12年(1543年)、父・忠政の死去[注釈 3]を受け水野宗家の家督を継ぎ、尾張国知多郡東部および三河国碧海郡西部を領した[1]。 天文21年(1552年)3月8日付の善導寺への寺領寄進が信頼できる初見の記録である。異母妹に於大の方がおり徳川家康の伯父にあたる。

信元が家督を継いだときの水野氏は、宗家の小河(緒川)水野氏の他、刈谷(刈屋)水野氏、大高水野氏、常滑水野氏などの諸家に分かれていた[注釈 4]

父・忠政は松平氏と共に今川氏についていたが、信元が緒川水野の家督を継いで間もなく松平家広松平広忠に嫁いだ信元の姉妹が離縁されていることから、家督を受け継いだ当初より尾張国の織田氏への協力を明らかにしていたと考えられる。

知多半島統一戦争[編集]

信元は、織田信秀の三河侵攻に協力するとともに、自らは知多半島の征服に乗り出し、松平広忠に離縁された妹の於大の方を、阿久居の久松俊勝に嫁がせる。

天文12年(1543年)知多郡宮津城主の新海淳尚を攻める。新海は降伏勧告を断り、討死した。信元は宮津城を廃し亀崎城を築き、城主に稲生政勝を入れた。同年、成岩城に相対した小山に砦を築き、榎本了円(榎本了圓)を滅ぼす。成岩城主は、横根城(大府市)より水野家の臣・梶川秀盛(梶川文勝)が守将として入城した。さらに知多郡長尾城主の岩田安広を包囲。城主岩田安広は今川家に援軍を求めるが水野勢に対抗できず降伏した。安広は、出家し杲貞と名乗った。

分流である常滑水野氏3代目の水野守隆には娘を嫁がせ、これで半島横断路は信元のものとなった。常滑水野氏は、現在の半田辺りまで勢力を伸ばし、大野・内海の佐治氏と対抗関係にあった。信元は富貴城主の戸田法雲を攻略。さらに河和の戸田氏を攻略するため、布土城を築き、弟の水野忠分を城主の任に当たらせた。これらの勢いに押された戸田氏は戦いに敗れ、富貴・布土・北方(知多郡美浜町)を失い半島における戸田氏の勢力が衰退した。

さらに天文16年(1547年)、田原城主・戸田康光は、岡崎の松平氏から駿河国今川義元のもとへ人質として送られる松平竹千代(後の徳川家康)を強奪。これを手土産に織田方に転じるが、今川氏に攻め滅ぼされ討死する。追いつめられた知多半島の戸田氏は信元と講和を結び河和を残すことを図る。そこで河和城主・戸田守光は、信元の娘・妙源を妻に娶り婿となって水野氏の一族に連なった。信元は知多半島南部でも、野間を支配下に入れ、大野佐治氏とも和解した。これにより知多半島は、常滑水野氏・大野佐治氏といった独立勢力性の強い豪族は残っているとはいえ、婚姻を結んでいる信元は知多半島の覇者となった。

今川氏との戦い[編集]

信元の協力を得たことで織田信秀は、三河に侵攻する。中でも織田信長の初陣とされる天文16年(1547年)の吉良・大浜へ出陣は、同地が水野氏の領土であることから、水野氏への援軍であったと考えられている。しかし、天文18年(1549年)に今川氏に安祥城を奪回されてからは情勢は織田氏に不利となる。天文20年(1551年)3月3日、信秀は流行病により末森城で急死し[注釈 5]、信長が当主になるが、織田家は内紛に突入する。

天文21年(1552年)、織田方であった鳴海城主・山口教継父子が今川義元の傘下に入り、その策略で天文22年(1553年)には大高城、沓掛城が今川方に奪われ、知多半島西側の寺本城主花井氏も今川方に転じた。

天文23年(1554年)、重原城も今川方に攻略され、緒川城は、寺本城・藪城・重原城に囲まれ孤立。刈谷城も包囲。今川氏は水野信元を攻め滅ぼさんと計画したのである[2]。さらに今川氏は重原城経由で物資を運び、緒川城の眼前に村木砦を築き、ここに至って信元は、信長に救援を依頼した。同年1月24日、信長は居城の守りを斎藤道三からの援軍に任せるという思い切った策で援軍に駆けつけると、信元と協力して村木砦を攻略し(村木砦の戦い[3]、これ以降、水野氏の織田家へ従属性は強まったといわれる。織田陣営は勢力を盛り返し、三河国池鯉鮒を取り戻す。今崎城には織田の将兵が入り、水野配下では牛田城の牛田政興、坂部城の久松俊勝、知立城の永見貞英などが知られる。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いが勃発。この戦いの最中、信元がどこにいたか不明だが、戦場となった桶狭間は水野家の家臣・中山勝時の領地であり、中島砦を守ったのは梶川高秀、梶川一秀。丹下砦を守ったのは水野帯刀であり、織田軍にあって一番首の手柄を取ったのは、水野清久(水野清重の息子)である[4]。戦後、今川の将兵を快翁龍喜が弔っている。

桶狭間合戦の勝利後、大高城にいた今川方の松平元康(のちの徳川家康)を落ち延びさせてやり[注釈 6]、大高城に一門の水野元氏(高木清秀の舅)を入れる。今川方の岡部元信が反撃に転じて、刈谷城を攻略。水野信近は討死した[5]。 信元はただちに、信近の首級と刈谷城を取り戻す。この結果、緒川の信元が刈谷領を接収することになった。重原城も信元が奪取した。同年6月18日に、松平元康が重原城に攻め寄せるも、これを撃退した[6]

清洲同盟[編集]

水野信元と松平元康は、織田と今川の代理戦争のように、刈谷城外や石ヶ瀬川大府市南東)など尾張南部および西三河の国境周辺において戦っていたが[7]、桶狭間の戦いによって、今川・武田・北条の三国同盟陣営は弱体化し、更に松平元康が今川家から独立してしまう。その上、同年5月から上杉謙信の関東出兵が始まっており、この情勢下において北条氏康は永禄4年(1561年)に信元へ「松平の裏切りは嘆かわしいことである。自分自身が出陣しようか」と協調を呼びかけている[8]

永禄5年(1562年)、信長と家康が清洲同盟を結ぶ際に、その仲介役となり[9][注釈 7]、信元は家康が三河を平定した後も家康の相談に乗るなど強い影響力を持っていた[10]。この時期、弟の水野忠重と従兄弟の水野清久が連れだって、信元の下を去り家康の下に転じた。

永禄6年(1563年)、家康が、三河一向一揆に苦戦すると、信元は家康に援軍している。将軍・足利義昭が義輝時代の武家秩序を模したという『永禄六年諸役人附』には、信元が「外様衆」として登録されており、少なくとも義昭段階では、幕府直臣の地位を得ていた。

武田氏との戦い[編集]

実子に先立たれていた信元は永禄10年(1567年)頃に家督を養子の水野信政(元茂)に譲る。この信政の父は、桶狭間合戦直後に刈谷で討死した信近である。つまり、緒川水野氏の信元が、刈谷水野氏の所領を接収するにあたり、その後継者を養子に迎え、緒川・刈谷両家を融合させるという形式を整えたと伝わる[要出典]。永禄11年(1568年)には、信長の上洛に従軍。その際に信長とは別に朝廷に対して2千の献金を行った[11]

元亀元年(1570年)の姉川の戦いにおいて佐和山城を攻落した[12]。元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いに援軍として参陣した[13]。信元は篭城戦を主張し野戦にこだわる家康と対立したが、結果として野戦で敗走し憔悴した家康に代わり指揮。夜の浜松城に松明をたき鉄砲隊を配し、武田軍を威嚇をして窮地を脱している。

天正2年(1574年)の長島一向一揆討伐の際には「しのはせ攻衆」に加わっていた。なお、同年3月20日、足利義昭より信元に御内書が遣わされた[14]。意訳すると「武田勝頼と協力して信長を討伐せよ。委細は(室町幕府御供衆)一色藤長が申します」というものであり、義昭から家康に遣わされた御内書とほぼ同文であった。天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いに参加[15]。当時の信元の石高は24万石と称される(『結城水野家譜』[注釈 8])。

水野家滅亡とその後[編集]

天正3年12月(1576年1月)、信長の武将・佐久間信盛の讒言により武田勝頼の武将の秋山信友との内通や兵糧を輸送した疑いで、信長の命を受けた甥家康によって三河大樹寺岡崎市鴨田町字広元)において殺害され、同時に養子の信政も養父とともに斬られた[注釈 9]。 墓所は愛知県刈谷市天王町の楞厳寺。法名は信元院殿大英鑑光大居士。刺客役を命じられた平岩親吉は、信元を斬ったのち屍を抱き上げ「信元どのに私怨はないが、君命によりやむをえず刃を向け申した」と涙ながらに詫びたという[16]。案内役をしていた久松俊勝は「かかる事とも知らずして、信元迎え来て打たせたりし事の無慙さよ。世の人のかえり聞かん事も恥ずかしとて、徳川殿を深く怨み、仲違いこそしたりけれ」[17]と述べて、出奔してしまう。夫に出奔された妹の於大の方とその子供たちは、家康の下に引き取られた。兄を殺された於大の方は、石川数正を深く恨み、これが後の家康嫡男・松平信康とその母・築山殿粛清や石川数正の出奔の原因と考える人もいる[18]

水野領は、佐久間信盛の領土となり、俊勝の長男・久松信俊は信盛の指揮下で、石山本願寺と戦っていたが、天正5年(1577年)、かつて久松家が一向宗を保護していたことを理由に信盛の讒言をうけ、信長から謀反の嫌疑をかけられ憤慨して陣中で自害してしまう。そればかりか、その直後、阿久比に佐久間勢が攻め込み、信俊の子供二人も殺害されてしまう。その時まだ胎児であった子供がその母とともに助かり、その子孫は後に伊予松山藩に仕えたという。また、天正6年(1578年)謀叛の噂があがった荒木村重が、信長に弁明に行こうとするのを、家臣の中川清秀が、行けば殺されると諫言したのは、信元粛清事件を念頭に置いたものと考えられている。荒木村重の容疑は、水野信元の容疑とまったく同じである。

天正8年(1580年)信長は佐久間信盛を追放した[注釈 10]。 信長による19ヶ条の折檻状には

「一、水野信元死後の刈谷を与えておいたので家臣も増えたかと思えばそうではない。水野の旧臣を追放しておきながら、跡目を新たに設けるでもなく、結局、追放した水野の旧臣の知行を信盛の直轄としてしまうのは言語道断…」

という一文がある。 さらに信長は、信元が冤罪だった[19]として、家康の下にいた信元の末弟・忠重を呼び寄せて、旧領を与え水野家を再興させた。

信元殺害の原因[編集]

『松平記』が記す信元殺害の原因は、秋山信友が攻略した美濃国岩村城天正3年(1575年)に信長が囲城した際、水野領から食料の調達に応じる者があり、これを聞いた佐久間信盛が信長に対して、信元の内通を訴えたというものである(巻6)。

信元の死後、その所領は、信盛が失脚する天正8年(1580年)までの間、佐久間領となったことが「小河かり屋跡職申し付け」との「信長公記」(巻13)の記述より推測されている[20]

信元の死に佐久間信盛が関与したかどうかはともかく、この出来事は三河からの武田氏の脅威が除かれた時点で起こったことから考えて、尾張、三河において信元が持つ権力の排除が目的であったという見方もできる。『新編東浦町誌 本文編』(1998年刊行)は信元殺害が、織田・徳川双方の合意によってなされたものであるとする(203項)。現存する文書[21])から、彼が三河の領国支配に関与していたことが推定でき、後に彼の存在が織田・徳川両家にとって目障りかつ不用なものとなっていたのではないかとも推測できる。

文化[編集]

信元は連歌を通じて里村紹巴とも交流があった。

『富士見道記』によると水野家は家中の者たちも数寄者が多く、万里集九[22]宗長[23]の来訪記録があり、文化人のパトロン的な存在であった。特に宗長は大永7年(1527年)4月に刈谷の水野和泉守家に逗留した折り、「みやげにと五百疋、去年ののぼりにも千疋はなむけ、以下の芳恩、惣じて此年(来)万疋にもおよび侍らむおそろしゝ」と恐縮していて、その財力の豊かさが想像されるが、信元を含め、当時の水野氏自体の文芸はほとんど残されていない[24]。飛鳥井雅康[25]

信元の子[編集]

  1. 養子「信政(元茂)」(信元の弟・信近の子)
  2. 「某・十郎三郎」(母は「松平信定」の娘)
  3. 監物「守次」(守隆)の妻
  4. 荒尾善次の妻(後室)
  5. 大膳「吉守」の妻
  6. 戸田孫八郎重康(守光)の妻[注釈 11]
  7. 大崎七郎右衛門昌好の妻
  8. 安部摂津守信盛の「養妹」[注釈 12]
  9. 鈴木弥一右衛門重政の妻
  10. 寺沢志摩守広盛の妻
  11. 彦三郎「元教」の妻
  12. 鈴木内蔵助重信の妻[注釈 13]
  13. 「茂尾平兵衛」(甚左衛門)[注釈 1]、以上3名の男子と10名の女子が『寛政譜』新訂6巻37項に掲げられている。

なお、水野家(結城水野家と思われる)の家譜によると、信元の末子は土井利昌(小左衛門正利)の養子となった土井利勝であるという(『寛政譜』新訂6巻37項)。しかし、土井家の家譜にはその旨の記載がない(同5巻246項「土井」)[注釈 14]

主な家臣[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 『鈴鹿郡野史』には水野一信と記され、板倉重冬に仕えたとする。
  2. ^ 『刈谷市史』第2巻(1994年)では『寛政重修諸家譜』(以下『寛政譜』と略す)に現れる「近守」を忠政の子から除外し、信元を長男としている。
  3. ^ 文政10年「藤次郎」の250回忌が営まれたとの心月斎寺記(上巻187項)に拠る。
  4. ^ 戦国時代によくある一族一揆といわれる形で、いずれも独立勢力でありながら、結束は固い。
  5. ^ 桑田忠親は天文18年(1549年)に没したと述べている[要出典]
  6. ^ 『三河物語』によると、退却する家康が池鯉鮒に差し掛かったとき一揆の大将・上田半六が邪魔をしたが、退去勧告にきた水野殿家人・浅井六之助が説得して道を譲る、とある。後年、武田征伐の帰りに、水野忠重が織田信長を池鯉鮒で歓待している。
  7. ^ 『三河物語』は信元の関与を記さない。
  8. ^ いかにも過大だが、のちに信元の旧領を与えられた忠重は、「織田信雄分限帳」(天正13-14年成立)によって、刈屋、緒川のほか北伊勢にも所領を持ち都合1万3千貫文(約12万石)と記されている。
  9. ^
    • 『寛政譜』によると信長に追討を命じられた家康は、家臣の石川数正をして信元を岡崎に迎えしめ、その途中において平岩親吉によって殺害されたことになっている。
    • 『松平記』では切腹したとするが、その場所については記さない。
    • 『三河物語』は信元の死について触れていない。
  10. ^ 『寛政重修諸家譜』によると明智光秀の讒言とされる。余談だが、明智光秀の妻妻木煕子の母親(妻木広忠夫人)は、水野信元の姪(貞徳生母)である。
  11. ^ 「妙源尼」。子「光康」は水野姓を名乗り尾張藩に仕える。[26]
  12. ^ 後に水野重央の妻となる[27]新宮水野家2代「重良」の生母
  13. ^ はじめ松平大学「某」に嫁し、夫の死後に内蔵助「重信」に再嫁。重信の戦死の後は「伝通院」に仕え、「一木」の名を与えられる。家康の関東入封につき従い、江戸城内、紅葉山に住んだとの『寛政譜』の記述がある(新訂18巻10項「鈴木」)。内蔵助「重信」との間に杢之助「重政」(杢之助重次)をもうけ、その子孫は旗本となっている。なお、『寛政譜』が意図した「一木」の読みは「ひとつぎ」と思われる。同書はその名の由来を、杢之助「重政」の采地が三河国高橋庄の一木郷であったことにもとめており(同15項の按文)、この「一木」の地名を「ひとつぎ」と記している。
  14. ^ 『尾陽雑記』によると、土井利勝の母は織田信秀の愛妾だった。信秀の亡きあと、水野信元が側女にする、とある。
  15. ^ ? - 1575。信元の嫡男だが、『寛政重修諸家譜』では信近の子、伯父・信元の養子とある。信元の連座の罪に問われ、27日、父とともに切腹した[28]
  16. ^ 生没年不詳。大高城主。大高水野の当主。鳴海城主・山口教継・教吉父子の策略で城を追われる。
  17. ^ ? - 1598。監物。実名は直盛・守次などとも伝わる。常滑城主。常滑水野の当主。常滑焼で有名。澤田ふじ子著「修羅の器」という小説の主役。 子に水野守信
  18. ^ 生没年不詳。知多郡河和城主。信元の麾下に属する海賊衆のひとり。
  19. ^ ? - 1590。戸田孫右衛門の子。通称は孫八郎。室は信元の娘。小田原の役で討死した。子は家康のもとで成長。慶長2年(1597年)に上意にて信元の名跡を継ぎ、戸田姓を水野に改め、惣右衛門光康と名乗り、河和水野氏の祖となる。尾張藩主・徳川義直に仕える。
  20. ^ 生没年不詳。水野忠政の兄弟。於大の方を松平家から引き取るとき、高木清秀とともに出迎えた。
  21. ^ 1532 - 1609。(松平長勝)・国丸・藤助・新右衛門・石見守。水野忠政の娘婿・水野常陸介(? - 1534)の息。父の死後、母の再婚者・松平家広に養育される。織田家に出仕し、1558年の「石瀬の合戦」に軍功。本能寺の変後、関東の北条家に出仕。
  22. ^ 生没年不詳。永禄6年(1563年)9月15日、信長より鷹の進上に対して礼を述べられている(古今消息集)。
  23. ^ 生没年不詳。三河国池鯉鮒神社の神主。妹が水野忠政の子・信近に嫁ぎ、貞英は忠政の娘を娶った。娘は結城秀康生母・長勝院
  24. ^ 生没年不詳。玄蕃頭。牛田城主。永禄3年、今川家に落とされた猪川城奪回戦で功があった。
  25. ^ 生没年不詳。左京亮。長尾城主だったが水野氏に降伏開城。剃髪して杲貞(こうてい)と号して、水野氏の本陣に赴いた。永禄3年(1560年)桶狭間の戦いが起こると、再び今川氏に属したが、今川義元が敗死したため、翌永禄4年(1561年)長尾城主の地位を去った。
  26. ^ 1538 - 1579。三河衆。信元の元与力。丹羽郡羽成城主。
  27. ^ 生没年不詳。五左衛門。別名・梶川文勝。高秀・一秀の弟。横根村の人で水野信元に属す[29]。天正8年(1580年)8月に甥の高盛とともに信長に召し出され、直仕する(池田本)。本能寺の変後は織田信雄に仕え、1,080貫文の地を知行(分限帳)。天正18年(1590年)の小田原の陣の時、信雄の命により、せいきのことを司るという(梶川系図)。「文禄の役」で渡海。池田輝政に属して「湯川城の戦い」などの戦功があったが、その地で病没(討死)した。時に60歳という(寛永伝・梶川系図)。
  28. ^ 生没年不詳。亀崎城主。七郎佐衛門。初め重勝といいその子・新七郎政清もこの亀崎城主となった。
  29. ^ 生没年不詳。平六。諱は近伊、正勢とも。尾張愛知郡の城主・丹羽氏識の四男で、上田無仁斎の養子。のちに清兵衛と称した[30]。水野記には「無仁斎者織田信長庶流故家紋ハ瓜也」「特に上田家は重要な家らしい」と記されている。桶狭間の戦いの直後、大高城から引き上げる家康を送り届けたり、三河一向一揆の折には、一揆の首魁を打ち取った見事な戦功がある[31]。信元が誅されると、佐久間信盛の寄騎衆に任じられた。
  30. ^ 生没年不詳。信元が誅されると、佐久間信盛の寄騎衆に任じられた。
  31. ^ 生没年不詳。信元が誅されると、佐久間信盛の寄騎衆に任じられた。
  32. ^ 生没年不詳。通称は金七郎。信元が誅されると、佐久間信盛の寄騎衆に任じられた。

出典[編集]

  1. ^ 『新編東浦町誌 資料編3』295項(延命寺文書)、同309項(無量寿寺文書)、『張州府志』巻30の正盛院の項、『知多郡史』
  2. ^ 「史跡 村木砦」外山清治著「ああ緒川城 於大への想い」東浦町発行
  3. ^ 信長公記』首巻
  4. ^ 『常山紀談』
  5. ^ 「東浦町誌」資料編3所収、岡部五郎兵衛宛の今川氏真書状(345項)および「松平記」巻2の記述。
  6. ^ 『水野勝成覚書』
  7. ^ 『武徳編年集成』永禄元年2月、3年6月の18日、19日、および永禄4年2月の記述。
  8. ^ 北条氏康書状
  9. ^ 『松平記』巻2
  10. ^ 『牧野文書』
  11. ^ 言継卿記
  12. ^ 『信長公記』巻3「あね川合戦の事」
  13. ^ 『信長公記』巻5「味方ヶ原合戦の事」
  14. ^ 榊原家所蔵文書
  15. ^ 『耶蘇会士日本通信』には信元は「三千の兵を率いたる大身」と記述されている。
  16. ^ 平岩家譜・寛政重修諸家譜
  17. ^ 『藩翰譜』
  18. ^ <徳川家康と戦国時代>清洲同盟がもたらした悲劇 著者: 橋場日月「水野信元事件によって徳川家中に深刻な対立を生む」
  19. ^ 寛永諸家系図伝、新訂寛政重修諸家譜
  20. ^ 『刈谷市史 第2巻』107項など。
  21. ^ 愛知県幸田町の本光寺所蔵の「深溝へも達而異見を申候」とする信元書状。牧野康成を同家の跡目として認める永禄9年の信元書状。『新編東浦町誌 資料編3』312項および313項より。
  22. ^ 『梅花無尽蔵』
  23. ^ 『宇津山記』、大永二・四・六・七年『宗長手記』
  24. ^ 紹巴富士見道記の世界 著者: 内藤佐登子
  25. ^ 『富士歴覧記』
  26. ^ 「士林泝洄」巻77「水野」
  27. ^ 「士林泝洄」6巻91項
  28. ^ 『寛政重修諸家譜』・『水野系図』
  29. ^ 『張州雑志抄』『尾張志』
  30. ^ 寛政重修諸家譜巻第八十五丹羽氏
  31. ^ 寛政重修諸家譜巻第三百二十八水野信元

参考文献[編集]

  • 『三河文献集成・中世編』所収「松平記」国書刊行会、1980年
  • 日本思想大系26 三河物語』岩波書店、1974年
  • 『武徳編年集成』名著出版、1976年
  • 桑原忠親校注『新訂 信長公記』新人物往来社、1997年
  • 『新訂寛政重修諸家譜』続群書類従完成会、1964年
  • 名古屋叢書続編 第17巻-20巻『士林泝洄』愛知県郷土史料刊行会、1984年
  • 『刈谷市史 第2巻』刈谷市、1994年
  • 『刈谷市史 第6巻』刈谷市、1992年
  • 『新編東浦町誌 資料編3』愛知県知多郡東浦町、2003年
  • 『張州府志』愛知県郷土史料刊行会、1974年
  • 『知多郡史』知多郡役所、1923年

関連項目[編集]