水野信近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水野 信近(みずの のぶちか、大永5年(1525年) - 永禄3年(1560年6月)は、戦国時代武将水野氏刈谷城主。幼名は千代松、通称は十郎左衛門、藤四郎、藤九郎。水野忠政の三男。子に信政(元茂)[1]、信行、村瀬重治[2]室。

生涯[編集]

天文12年(1543年)の水野忠政の死後、刈谷水野氏を継いだ。永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの直後、今川家臣の岡部元信に城を攻められて討死した[3]。享年36[1]

その一方、緒川城主である次兄の信元とは別行動をとっていたようであり、桶狭間の以前に水野十郎左衛門は今川義元斎藤道三と連絡をとりあっていた形跡がある[4]

後に刈谷城は兄の信元が奪還し、子の信政(元茂)は信元の継養子に迎えられた。

補注[編集]

  1. ^ a b 寛政重修諸家譜
  2. ^ 織田信雄家臣で四千石。関ヶ原の戦いでは、水野勝成に協力して大垣城を攻める。大坂夏の陣では水野勝成の目付。のちに水戸徳川頼房の家老で一万石
  3. ^ 「東浦町誌」資料編3所収、岡部五郎兵衛宛の今川氏真書状(345項)および「松平記」巻2の記述。
  4. ^ 以前は、水野十郎左衛門は信元と同一人物と考える説があり、桶狭間のおり、信元は今川に内通していた、と推測する人もいた。