水野勝 (官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

水野 勝(みずの まさる、1932年9月7日 - 2017年3月25日[1])は日本実業家官僚。元国税庁長官

経歴[編集]

静岡県磐田市出身。磐田南高校から東京大学卒業後の1955年大蔵省(現・財務省)入省(主税局調査課[2])。1962年館林税務署長[3]1978年6月に大蔵省主税局税制第一課長。1979年7月に大蔵省主税局総務課長。1981年6月に大蔵省大臣官房審議官(主税局担当)。1984年6月に東京国税局長。1985年に大蔵省主税局長1988年国税庁長官を務め、1990年に退官。2004年瑞宝重光章受章[4]

その後は生命保険協会副会長を経て、1994年日本たばこ産業社長に就任。その後は同会長を経て、相談役・顧問となる。日本税務協会会長、日本租税研究協会副会長も務めた。

著書[編集]

  • 主税局長の千三百日 税制抜本改革への歩み(1993年、大蔵財務協会) ISBN 978-4754740009
  • 租税法(1993年、有斐閣)ISBN 978-4641031791
  • 来しかた行くすえ 税制とともに歩んだ三十年(1993年、ぎょうせい)ISBN 978-4324039434
  • 税制改正五十年 回顧と展望(2006年、大蔵財務協会)ISBN 978-4754712259

脚注[編集]

  1. ^ “水野勝氏死去=消費税導入に尽力”. 時事通信社. (2017年4月10日). http://www.jiji.com/sp/article?k=2017041001019 2017年6月25日閲覧。 
  2. ^ 『日本の官庁 第3巻』国土政策研究会、1989年発行、383頁
  3. ^ 『新訂現代日本人名録 98,第4巻』日外アソシエーツ、1998年1月
  4. ^ 「春の叙勲 中綬章以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2004年4月29日朝刊