水野正好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水野 正好(みずの まさよし[1]1934年8月14日[1] - 2015年1月27日[2])は、日本の考古学者奈良大学名誉教授[2]、元奈良大学学長[1] 。元元興寺文化財研究所[2]。専門は考古学、古代史・文化史(宗教考古学、まじない)[1]大阪府大阪市出身[1]

略歴[編集]

  • 1957(昭和32)年、大阪学芸大学卒業
  • 1962(昭和37)年、滋賀県教育委員会勤務(日本初技師)
  • 1969(昭和44)年、大阪府教育委員会勤務
  • 1974(昭和49)年、文化庁文化財保護部記念物課勤務 主任調査官
  • 1979(昭和54)年、奈良大学文学部文化財学科設置に伴い、着任
  • 1986(昭和61)年、奈良大学文学部長(1990年まで)
  • 1994(平成6)年、奈良大学学長(2000年まで)
  • 2000(平成12)年、大阪府文化財センター理事長
  • 2005(平成17)年、奈良大学退職
  • 2015(平成27)年1月27日、心不全のため死去[2]。80歳没

人物[編集]

  • 京都大学不合格により大阪学芸大学に入学するが、考古学の授業が無いため大阪市内の図書館に日参し、考古学関連本を書き写して独学を進める。森本六爾の著作を厳しいアルバイトの末に購入し、私淑。学生時代より発掘のアルバイトにも精を出し、飛鳥の川原寺発掘現場などに携わる。
  • 数多くの講演やシンポジウム、イベント講師を行い、古代の魅力を最新の学知も含め、分り易く・楽しく・おもしろく、軽妙な語り口で情熱的に伝える様は「水野節」と呼ばれ、誠実な人柄とともに愛され、多くのファンを生んだ。
  • 古本屋めぐりを趣味とし、奈良や大阪の古本街に体力のかぎり通い、希少な書物の収集に余念がなかった愛書家。
  • 門下生千田嘉博・相原嘉之・西川寿勝らをはじめ、数多くの研究者の育成に力を注いだ。
  • 西洋美術史家の水野千依は長女。

業績[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 『土偶・埴輪(日本原始美術大系:3)』1972年 講談社(共著)
  • 『図説発掘が語る日本史 第4巻 近畿編』編 新人物往来社 1985
  • 『発掘が語る日本史:第5巻』1986年 [新人物往来社(共著)
  • 『河内飛鳥(古代を考える)』門脇禎二共編 1989年 吉川弘文館
  • 『近江(古代を考える)』(編)1992年 吉川弘文館
  • 『「天皇陵」総覧』1994年 新人物往来社(共著)
  • 『邪馬台国と安満宮山古墳』1999年 吉川弘文館(共著)
  • 三角縁神獣鏡・邪馬台国・倭国』石野博信,西川寿勝,岡本健一,野崎清孝共著 奈良歴史地理の会監修 新泉社 2006.
  • 『河内文化のおもちゃ箱』河内の郷土文化サークルセンター編 監修 批評社 2009
  • 『邪馬台(ヤマト)国 唐古・鍵遺跡から箸墓古墳へ』白石太一郎, 西川寿勝共著 雄山閣 2010  
  • 『日本発掘! ここまでわかった日本の歴史』文化庁編 小野昭,小林達雄,石川日出志,大塚初重,松村恵司,小野正敏共著 朝日選書 2015

主な論文[編集]

  • 「縄文時代集落復元への基礎的操作」『古代文化』21-3・4号、1969年
  • 「縄文式文化期における集落構造と宗教構造」『日本考古学協会第29回総会研究発表要旨』1963 日本考古学協会
  • 「埴輪芸能論」『古代の日本:2』1977年 角川書店
  • 「滋賀郡所住の漢人系帰化民族とその墓制」『考古学からみた古代日本と朝鮮』1978年 学生社
  • 「福徳-その心の考古学」『文化財学報:第1巻』1982年 奈良大学文学部文化財学科
  • 「馬・馬・馬-その語りの考古学-」」『文化財学報:第2巻』1983年 奈良大学文学部文化財学科
  • 「縄文社会の構造とその理念」『歴史公論:94』1983年
  • 「祭式・呪術・神話の世界」

他の役職[編集]

  • 平城遷都1300年記念事業協会評議員
  • 飛鳥保存財団評議員会会長
  • 奈良県古都風致審議会会長
  • 大阪府環境影響評価委員。
  • なら食と農の県民会議委員長
  • 近鉄文化サロン講師
  • 朝日カルチャーセンター講師
  • 辰馬考古資料館館長
  • 日本文化財科学会会長 2002

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ編 『新訂 現代日本人名録2002』 日外アソシエーツ、2002年1月28日、818頁。ISBN 978-4816916953。 
  2. ^ a b c d “考古学者の水野正好さん死去 「埴輪芸能論」を提唱”. 朝日新聞. (2015年1月28日). オリジナルの2015年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150807031705/http://www.asahi.com/articles/ASH1W56BWH1WPTFC00W.html 2015年1月28日閲覧。