水野直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水野 直樹(みずの なおき、1950年10月31日 - )は、日本の歴史学者立命館大学客員教授。京都大学人文科学研究所名誉教授。専門は朝鮮近代史(植民地朝鮮)、東アジア関係史。

「日本の植民地支配を肯定的に評価しようとする日本学界の流れに対抗し植民地近代化論を批判してきた」として、韓国の全南大学から後廣賞を受賞した[1]八木晃介上田正昭らと共に「朝鮮学校を支える会」の呼びかけ人も務めている[2]京都府出身。

略歴[編集]

主な著書[編集]

単著[編集]

  • 『創氏改名』(岩波新書、2008年)

共著[編集]

訳書[編集]

  • 姜萬吉「韓国民族運動史論」(御茶の水書房、1985年)
  • 朝鮮民衆新聞社編「写真集 朝鮮解放1年」(新幹社、1994年)

脚注[編集]

  1. ^ ハンギョレ新聞 2018-06-26 「日帝植民地近代化論」批判した日本人教授に後廣賞授賞[1]
  2. ^ 朝鮮学校を支える会・京滋

関連項目[編集]