水鏡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

水鏡子(すいきょうし、1953年3月9日[1] - )の筆名で知られる角 伸一郎(すみ しんいちろう)は、日本SF評論家[1][2]

筆名は、アメリカのSF作家ウォルター・M・ミラー・ジュニアの名前のもじり[3]コードウェイナー・スミス作品を翻訳する際に利用した「司須美子」という名義は「C・スミス」のもじり[4]

略歴[編集]

神戸大学文学部卒業[1]

1969年に「アンダースンの『脳波』で初めて解説を書いて原稿料をもらった」という[5]。以降、SFファンダムKSFA(海外SF研究会、1974年結成[6])の活動に関わる一方で[5]、『奇想天外』、『SFマガジン』、『週刊読書人』などの誌上や、文庫本の解説などで、おもに海外のSF作品の紹介にあたる[1]

自宅に数万冊規模の蔵書を有し、書庫を構えている[7]

SFファンダムで、ともに「神大四天王」のひとりとして知られた大野万紀[9]、水鏡子のことを「老境に入ろうとする独身オタク」と表現している[7]

大森望は、水鏡子のことを「マニア上がりのSF評論家」と表現しており、高校時代にSFの洋書を海外発注するやり方が判らず、海外SF研究ファンジンに問い合わせをしたところ、水鏡子から返信が来た旨を記している[10]

著書[編集]

  • 乱れ殺法SF控:SFという暴力、青心社、1991年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 会員名簿 現会員 すいきょうし 水鏡子”. 一般社団法人日本推理作家協会. 2018年6月14日閲覧。
  2. ^ 水鏡子, 1953-”. 国立国会図書館. 2018年6月14日閲覧。
  3. ^ 【SFマガジン1976】その夏、ぼくは一冊のファンジンに出逢った! by 牧眞司
  4. ^ 【SFマガジン1976】その夏、ぼくは一冊のファンジンに出逢った! by 牧眞司
  5. ^ a b 水鏡子. “MY BEST SF YEAR 1969年”. Digital NOVAQ. 2018年6月14日閲覧。
  6. ^ 海外SF研究会(KSFA)とは何だったのか?
  7. ^ a b 大野万紀. “魍魎の匣を探る――水鏡子の新書庫見学会”. 大野万紀/HATTA ONLINE. 2018年6月14日閲覧。
  8. ^ 大森望『現代SF観光局』河出書房新社、32頁。ISBN 978-4309025018。
  9. ^ あと二人は、岡本俊弥と米村秀雄[8]
  10. ^ 大森望「海外SFマニアへの道」『新編 SF翻訳講座』河出書房新社、2012年。ISBN 978-4-309-41171-2。