水驪線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水驪線
各種表記
ハングル 수려선
漢字 水驪線
発音 スリョソン
日本語読み: すいれいせん
英語 Suryeo Line
テンプレートを表示

水驪線(スリョせん)は、大韓民国京畿道水原市の水原駅と驪州市(かつての驪州郡)の驪州駅を結んでいた旧鉄道庁(現韓国鉄道公社)の路線。ナローゲージ路線であった。1972年3月31日に全区間が廃止された。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1930年12月1日 - 驪州地域のを輸送する目的で、朝鮮京東鉄道が敷設。水原 - 利川間がまず開通。
  • 1931年12月1日 - 利川 - 驪州間が開通。
  • 1942年11月1日 - 私鉄の朝鮮鉄道に譲渡される。
  • 大韓民国独立後に国有化。
  • 1972年3月31日 - 全区間廃止。

なお、廃止になる前年の1971年12月1日に、水驪線と並行する形で嶺東高速道路新葛JCT〜セマルIC)が開通している。

水驪線廃止後の沿線においては、当線における水原 - 新葛間に沿う形で盆唐線が、また新葛 - 龍仁間に沿う形で龍仁軽電鉄が建設され、更に利川、驪州を通る形で京江線が開業している。これらの路線には水驪線と同じ名称の駅もあるが、位置は異なっている。

駅一覧[編集]

駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線 所在地 開業日
日本語 ハングル 英語
水原駅 수원역 Suwon 0.0 0.0 鉄道庁京釜本線水仁線 水原市 八達区  
華城(本水原)駅 화성(본수원)역 Hwaseong (Bonsuwon) 3.5 3.5   1930年12月1日
遠川駅 원천역 Woncheon 3.5 6.5   霊通区
徳谷駅 덕곡역 Deokkok 2.5 9.0   龍仁市 器興区 1932年5月17日
新葛駅 신갈역 Singal 3.5 12.5   1930年12月1日
漁汀駅 어정역 Eojeong 3.4 15.9  
三街駅 삼가역 Samga 5.9 21.8   処仁区
龍仁駅 용인역 Yongin 2.3 24.1  
麻坪駅 마평역 Mapyeong 4.3 28.4  
陽智駅 양지역 Yangji 3.5 31.9  
霽日駅 제일역 Jeil 3.5 35.4  
午川駅 오천역 Ocheon 4.6 40.0   利川市
標橋駅 표교역 Pyogyo 5.7 45.7  
酉山駅 유산역 Yusan 3.7 49.4  
利川駅 이천역 Icheon 3.7 53.1  
茂村駅 무촌역 Muchon 4.5 57.6   1931年12月1日
竹堂駅 죽당역 Jugdang 2.1 59.7   1932年9月1日
梅柳駅 매류역 Maeryu 4.7 64.4   驪州市 1931年12月1日
広大里駅 광대리역 Gwangdae-ri 2.6 67.0   1966年7月23日
煙羅里(新岱)駅 연라리(신대)역 Yeollari(Sindae) 2.7 69.7   1931年12月1日
驪州駅 여주역 Yeoju 3.7 73.4  
  • 水原駅~遠川駅の各駅は廃止当時、水原市に位置していた。
  • 徳谷駅~霽日駅の各駅は廃止当時、龍仁郡に位置していた。
  • 午川駅~竹堂駅の各駅は廃止当時、利川郡に位置していた。
  • 梅柳駅~驪州駅の各駅は廃止当時、驪州郡に位置していた。

関連項目[編集]