水鳥鐵夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みずとり てつお
水鳥 鐵夫
プロフィール
本名 水鳥 鐵夫[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1938-12-25) 1938年12月25日
没年月日 (2010-07-14) 2010年7月14日(71歳没)
血液型 AB型[2]
職業 声優演出家
事務所 アーツビジョン(最終所属)[3]
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 159[4] cm / 57 kg
声優活動
活動期間 1960年代 - 2010年
ジャンル アニメゲーム吹き替え
演出家活動
ジャンル 舞台
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

水鳥 鐵夫(みずとり てつお、1938年12月25日[2][5][6] - 2010年7月14日[7])は、日本男性声優演出家アーツビジョン所属[3]東京都出身[6]。旧芸名は水鳥鉄夫(読み方同じ)[1]

経歴[編集]

日本大学中退[5]

生前は劇団七曜会[8]、劇団風[3]劇団河[3]ぷろだくしょんバオバブアーツビジョンに所属していた。

勝田声優学院で講師をしていた関係で高木渉らが劇団あかぺら倶楽部を旗揚げの際には演技指導や演出面などで全面協力し劇団員をバックアップした。2000年代からは演出家なども精力的に活動していた。

2010年7月14日午後4時1分に死去。71歳没。死因などの詳細は公表されていないが、所属事務所のアーツビジョンによれば、晩年は病気療養中だったという[7]。また、死去に際しアーツビジョンや劇団あかぺら倶楽部などが追悼の意を発表し[7]、『キン肉マン』の原作者であるゆでたまごの原作担当の嶋田隆司も長い間、年賀状でのやりとりをしていたことと、「わたしどもはより一層ブロッケンを光輝くキャラクターに育てあげます」と発表した[9]

人物[編集]

声質はバリトン[8]

よく苗字を「水(みずしま)」、下の名前も「鉄(てつや)」と読み間違えられる。また、雑誌などでの誤植も多い。

演じる役は、青年から老人、悪役まで幅広い役をこなしていた。

主に、アニメ『キン肉マン』のブロッケンJr.役が有名で、1980年代ぴえろ作品への参加が多い。洋画では主に俳優ジャック・パランスの声を何作か吹き替えている。

趣味は手作り(食品・家具小物類)[2]

後任[編集]

水鳥の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

  • クレヨンしんちゃん(1993年 - 1997年、小児科 羽毛山医院の先生、春我部病院の医者、海の家 海谷のオヤジ、ヤジマ接骨院の医者、ボス)
  • ドラえもん(魔人)
  • 忍たま乱太郎(1993年 - 2010年、木下鉄丸〈初代〉、紙すき仙人)

1996年

  • 名探偵コナン(1996年 - 2006年、強盗B、津曲水貴、桐下、寿司屋の店主)

1998年

2003年

2004年

2005年

2009年

OVA[編集]

1983年

1986年

1987年

1989年

1990年

1991年

1999年

劇場アニメ[編集]

1981年

1983年

1984年

1985年

1986年

1989年

ゲーム[編集]

1992年
1997年
1998年
2000年
2002年
2003年
2005年
2011年

吹き替え[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ドラマCD[編集]

パチンコ・パチスロ[編集]

特撮[編集]

1973年

1978年

1979年

  • 恐竜戦隊コセイドン(ジュリー(植物生命体コスモプラム)の声)

1980年

1983年

2000年

その他[編集]

演出[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、283頁。ISBN 4-87376-160-3。
  2. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、152頁。
  3. ^ a b c d 水鳥鐵夫”. アーツビジョン. 2009年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月1日閲覧。
  4. ^ 『日本タレント名鑑(2010年版)』VIPタイムズ社、2010年2月27日、364頁。ISBN 978-4-904674-01-7。
  5. ^ a b c 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、354頁。ISBN 978-4-9901242-2-9。
  6. ^ a b 『声優名鑑』、643頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  7. ^ a b c  声優の水鳥鐵夫さんが死去 『キン肉マン』ロビンマスクに続きブロッケンJr.も逝く ニュース”. ORICON STYLE (2010年7月21日). 2012年2月14日閲覧。
  8. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、104頁。
  9. ^ Pehlwans - blog - TAKASHI SHIMADA 2010年8月19日
  10. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  11. ^ 恐竜大戦争アイゼンボーグ”. メディア芸術データベース. 2016年12月3日閲覧。
  12. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  13. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  14. ^ 愛の学校クオレ物語”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  15. ^ a b “おそ松くん”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1985/tv_017.html 2016年5月4日閲覧。 
  16. ^ エンディングテロップでは水鳥の氏名のみがクレジットされており、役名の記載は無い。
  17. ^ 新声社『私立ジャスティス学園熱・血・大・全 2』ISBN 4881994603
  18. ^ NAMCO x CAPCOM公式サイト、キャラクター3
  19. ^ ナムコ クロス カプコン オフィシャルガイドブック ISBN 9784757723672

関連項目[編集]