氷上英廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

氷上 英廣(ひがみ ひでひろ、1911年4月10日 - 1986年9月16日)は、ドイツ文学者東京大学名誉教授。ドイツ文学、比較文学、比較文化専攻。妻は南原繁の長女で歌人であった待子。

東京生まれ。府立一中四修、一高文乙を経て、1933年東京帝国大学文学部卒業。1936年旧制甲南高等学校1946年、一高の各教授を経て、1950年に新制・東大教養学部助教授就任。1957年に教授。1960年から1年間、マールブルク大学へ文部省在外研究生として派遣される。1969年より、大学院比較文学比較文化専攻課程主任教授。1972年、定年退官により武蔵大学教授、1982年退職。

一高時代は文芸部委員となって中島敦らと親交があり、中島にカフカを奨めたという[1]。お互いに作品を校友会雑誌に作品を発表しあっていた。のち『中島敦全集』を編纂し、詳しい解説を書いた。

息子の氷上信廣は麻布中学校・高等学校の前校長。

著書[編集]

  • 『ニーチェの問題』創元社 1948
  • 『ニイチェ 運命と意志』新潮社 1949
  • 『ニーチェの顔』岩波新書 1976
  • 『大いなる正午 ニーチェ論考』筑摩書房 1979
  • 『ニーチェとその時代』岩波書店 1988
  • 『ニーチェとの対話』岩波書店 1988
  • 『ニーチェの顔 他十三篇』岩波文庫 2019。三島憲一

翻訳[編集]

  • ニーチェ『反時代的考察』新潮文庫 1954。元版「全集」新潮社
  • ベルジャーエフ『孤独と愛と社会』社会思想研究会出版部・現代教養文庫 1954/白水社 1961
  • ベルジャーエフ『歴史の意味』 白水社 1960、新装復刊1998
  • ニーチェ『アンチクリスト 偶像の黄昏』新潮文庫 1958。元版「全集」
  • ニーチェ『華やかな知恵』新潮文庫 1958。元版「全集」
  • ヒルティ幸福論 1』白水社 1962。新版刊
  • キルケゴール不安の概念白水社「著作集10」1964。新版刊
  • ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』岩波文庫(上下)、1967-70、ワイド版1995

編著[編集]

  • 『ニーチェ研究』社会思想研究会出版部 1952
  • 『ニーチェとその周辺 退官記念論文集』朝日出版社 1972
  • 『比較文学読本』島田謹二富士川英郎共編 研究社出版 1973

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 氷上英廣「中島のこと」(田鍋 1989, pp. 206-208)

参考文献[編集]

  • 田鍋幸信 『中島敦・光と影』 新有堂、1989年3月。ISBN 978-4880330136。