氷室利彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
氷室利彦
居住 日本の旗 日本
研究分野 矯正・小児系歯学
研究機関 奥羽大学
出身校 東北歯科大学(現奥羽大学
主な受賞歴 福島県文学賞 奨励賞[1]
プロジェクト:人物伝

氷室 利彦(ひむろ としひこ)は日本歯科医師歯学者。元奥羽大学歯学部歯学科成長発育歯学講座歯科矯正学分野教授。

経歴[編集]

1978年東北歯科大学(現奥羽大学)卒業、以後、同大学助手、講師、助教授を務め、1999年より同講座教授に就任、2012年に退職[1][2]

1988年 東京医科歯科大学より歯学博士号を得る。論文名は「外科矯正手術前における骨格性下顎前突者の顔面形態の認知に関する研究 」[3]

著作[編集]

  • R.G.Alexander 『アレキサンダーVSD矯正臨床』 監訳 福原達郎 校閲 出口敏雄、山口敏雄、柴﨑好伸 訳 氷室利彦 他、医歯薬出版、1989年6月。ISBN 978-4-263-40562-8。
  • 氷室利彦、峯田拓治 「PRACTICE ORTHO 術式を知る 臼歯部開咬への対応」『臨床家のための矯正YEAR BOOK '99』 伊藤学而、花田晃治、クインテッセンス出版ザ・クインテッセンス別冊〉、1999年11月10日。ISBN 978-4-87417-635-1。
  • 西村則彦、氷室利彦 「特集 抜歯・非抜歯を検討する 第II部 症例からみた抜歯・非抜歯の診断 ■抜歯するか保存するか迷った症例 (2)「とりあえず保存した例」と「やはり抜歯した例」から」『臨床家のための矯正YEAR BOOK '01』 伊藤学而、花田晃治、クインテッセンス出版ザ・クインテッセンス別冊〉、2001年12月10日。ISBN 978-4-87417-710-5。
  • 氷室利彦 他 『歯科矯正学』 医歯薬出版、2002年1月、第4版。ISBN 978-4263455142。
  • 『混合歯列期の矯正歯科治療』 後藤滋巳葛西一貴三浦廣行、氷室利彦、医歯薬出版2002年10月10日。ISBN 978-4-263-44144-2。
  • Richard P McLaughlin, John C Bennett, Hugo J Trevisi 『システマイズドオルソドンティックメカニクス』 監訳 古賀正忠、氷室利彦、エルゼビア・サイエンス、2002年10月31日。ISBN 486034801X。
  • 『カラーアトラス ハンドブック 矯正歯科臨床ヒント集』 三浦廣行葛西一貴、氷室利彦、クインテッセンス出版2004年2月10日。ISBN 978-4-87417-792-1。
  • 『チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド』 後藤滋巳、氷室利彦、槇宏太郎石川博之医歯薬出版2004年11月15日。ISBN 978-4-263-43330-0。
  • 氷室利彦 他 『新しい歯科矯正学』 永末書店2006年3月31日、改訂版。ISBN 978-4-8160-1163-4。
  • William J.Clark 『ツインブロック機能療法 顎顔面整形治療における矯正歯科的応用』 訳 氷室利彦、医学情報社、2006年10月30日。ISBN 978-4903553023。
  • 氷室利彦 「II編 診断学 8章 診断・III編 治療学 16章 矯正装置 VI 拡大装置」『歯科矯正学』 相馬邦道飯田順一郎山本照子葛西一貴後藤滋巳医歯薬出版2008年3月25日、第5版。ISBN 978-4-263-45615-6。
  • 『チェアサイド・ラボサイドの矯正装置ビジュアルガイド 2』 後藤滋巳、氷室利彦、槇宏太郎石川博之医歯薬出版2009年11月20日。ISBN 978-4-263-43338-6。
  • 執筆代表 氷室利彦 『咀嚼障害・咬合異常2 歯科矯正』 松井恭平、栗原英見、合場千佳子、田村清美、監修 全国歯科衛生士教育協議会、医歯薬出版2011年2月20日。ISBN 978-4-263-42825-2。

所属団体[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 氷室 利彦”. J-GLOBAL. 科学技術総合リンクセンター (2010年3月3日). 2013年2月8日閲覧。
  2. ^ 奥羽大学を退職しました”. 2013年2月8日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 役員”. 日本顎変形症学会. 2013年2月9日閲覧。
  5. ^ 役員 平成23・24年度理事・監事”. 日本口蓋裂学会. 2013年2月9日閲覧。
  6. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2013年2月9日閲覧。
  7. ^ 機能的顎矯正治療を考える会”. 機能的顎矯正治療を考える会. 2013年2月9日閲覧。