氷見北インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2015年3月
氷見北インターチェンジ
所属路線 E41 能越自動車道
IC番号 6
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0160.svg氷見北
起点からの距離 32.2 km(小矢部砺波JCT起点)
氷見IC (2.8 km)
(5.7 km) 灘浦IC
接続する一般道 富山県道304号鹿西氷見線
供用開始日 2009年10月18日
通行台数 x台/日
所在地 935-0006
富山県氷見市稲積
テンプレートを表示
氷見北インターチェンジの位置(富山県内)
氷見北インターチェンジ

氷見北インターチェンジ(ひみきたインターチェンジ)は、富山県氷見市稲積にある能越自動車道インターチェンジである。インターチェンジはダイヤモンド型の構造になっている。

概要[編集]

当初の計画では氷見ICの次は灘浦ICの予定であったが、建設に時間がかかるので、少しでも早く新しい道路の恩恵にあずかりたいというのと国道160号渋滞緩和が緊急の課題であるとして、氷見市街地の北部にインターチェンジを作り、市街地を通らずに能登半島北部へ進めるように、この位置にインターチェンジを設置してほしいとの要望があり、それに応えて工事が決定した。[要出典]

歴史[編集]

道路[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

E41 能越自動車道
(5)氷見IC - (6)氷見北IC - (7)灘浦IC

関連項目[編集]