氷見郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 中部地方 > 富山県 > 氷見郡
富山県氷見郡の範囲

氷見郡(ひみぐん)は富山県にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、氷見市および高岡市の一部(太田・西田・渋谷)に相当する。

歴史[編集]

江戸時代以前に射水郡を2つに分け、中郡氷見郡と俗称したのが始まりである。江戸時代初期、加賀藩政下において射水郡より氷見郡は分離されたが、1673年延宝2年)、氷見郡は射水郡に吸収された。1896年明治29年)、再び射水郡から分離された。

沿革[編集]

1.太田村 2.宮田村 3.窪村 4.仏生寺村 5.布勢村 6.神代村 7.十二町村 8.氷見町 9.加納村 10.上庄村 11.熊無村 12.速川村 13.久目村 14.阿尾村 15.藪田村 16.余川村 17.稲積村 18.碁石村 19.八代村 20.宇波村 21.女良村 (紫:氷見市 桃:高岡市)

氷見郡役所[編集]

氷見郡役所

1902年(明治35年)、氷見町仕切町338に氷見郡役所が設置される[1]。郡会の廃止に伴い、氷見郡では1923年(大正12年)、廃止記念式典を催し[1]、残務処理を終えた3年後の1926年(大正15年)に郡役所も廃止となった[2]。この庁舎は、後に富山県立氷見中学校(後の富山県立氷見高等学校)に転用[3][4]されたのち、1930年(昭和5年)に開館した図書館となった[5]が、1938年9月6日、台風襲来時の氷見町下伊勢町より発生した氷見町大火により、1500戸以上の建物とともに全焼した[6]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 氷見市史編さん委員会編、『氷見市史2 通史編ニ 近・現代』第1編第2章第1節、2006年(平成18年)3月、氷見市
  2. ^ 氷見市史編さん委員会編、『氷見市史2 通史編ニ 近・現代』第2編第1章第1節、2006年(平成18年)3月、氷見市
  3. ^ 氷見市史編さん委員会編、『氷見市史2 通史編ニ 近・現代』378頁、2006年(平成18年)3月、氷見市
  4. ^ 学校の沿革 -富山県立氷見高等学校(2018年2月18日閲覧) 
  5. ^ 氷見市立図書館の歩み -氷見市立図書館(2018年2月18日閲覧)
  6. ^ 氷見市史編さん委員会編、『氷見市史2 通史編ニ 近・現代』第3編第1章第5節、2006年(平成18年)3月、氷見市

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
射水郡の一部
行政区の変遷
1896年 - 1954年
次代:
(消滅)