永久輝せあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

永久輝 せあ(とわき せあ、8月8日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役スター。

東京都世田谷区[1][2]白百合学園高等学校出身[1][2]。身長170cm[1][2]。愛称は「ひとこ」[1][2]

来歴[編集]

2009年、宝塚音楽学校に首席入学[3]

2011年、宝塚歌劇団に97期生として入団[4][3][5][2]星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台[1][3][6]

2012年、組まわりを経て雪組に配属[4][3][6]

2015年、早霧せいな咲妃みゆトップコンビ大劇場お披露目となる「ルパン三世」で、新人公演初主演[4][5][6]。入団4年目での抜擢、97期男役からは初の新人公演主演者誕生となった[3]。その後も4度に渡って新人公演主演を務める[5][6]

2017年、「New Wave!-雪-」で月城かなとバウホール公演ダブル主演[4][7]

2019年、「PR×PRince」でバウホール公演単独初主演[7][5]。同年11月11日付で花組へと組替え[8][6]。同年11月25日より、明日海りおの後任として三井住友カードVJAグループの新イメージキャラクターに就任[6]

人物[編集]

4歳からバレエを習い、中学3年で級友から「ベルサイユのばら」のDVDを借り、宝塚を知った[3]。しばらくは趣味として楽しんでいたが、高校2年の時、舞台を初めて観て「ここに立ちたい」と思い、音楽学校受験を決意した[3]

誕生日が天海祐希と同じで、宝塚初観劇は朝海ひかるの舞台だった[3]。そのため「海に縁がある」と、芸名を「SEA=せあ」に決めた[3]

新人公演では計5回、早霧せいなの役を演じた[5]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

花組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2013年9月、早霧せいなディナーショー『SS』
  • 2015年12月、『タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』

TV出演[編集]

広告・CM出演[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、23頁。ISBN 978-4-86649-125-7。
  2. ^ a b c d e f g <華宝塚>日々「人生は旅である」 永久輝せあ(花組) 東京新聞。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 勝負の赤ルパン/永久輝せあ”. 日刊スポーツ. 2015年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 村上久美子 (2017年2月16日). “若手主体公演でダブル主演/月城かなと 永久輝せあ”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1779789.html 2019年9月29日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k “魅せ方”も意識 キラキラ王子様熱演/永久輝せあ”. 日刊スポーツ. 2019年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 新イメージキャラクターに、宝塚歌劇団「永久輝せあ」さんを起用!”. 三井住友カードニューリリース. 2019年11月5日閲覧。
  7. ^ a b c d 宝塚雪組・永久輝せあ バウホール単独初主演でイケメン王子”. デイリースポーツ. 2019年6月3日閲覧。
  8. ^ “宝塚、各組主力の若手スター”大型トレード”組替え”. 日刊スポーツ. (2019年8月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908020001192.html 2019年10月10日閲覧。 
  9. ^ 宝塚雪組トップコンビ早霧&咲妃サヨナラ公演開幕 3番手・彩風は病気休演 デイリースポーツ。
  10. ^ 〜最高の舞台はいい眠りから〜 株式会社エアウィーヴホールディングス。

注釈[編集]

  1. ^ 彩風咲奈の休演により4/21〜24は代役で出演。倉蔵息子清七役は縣千が務めた。