永久輝せあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永久輝 せあ(とわき せあ、8月8日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する男役スター。

東京都世田谷区[1]白百合学園高等学校出身[1]。身長170cm[1]。愛称は「ひとこ」、「ひとみ」[1]

来歴[編集]

2009年4月、宝塚音楽学校入学。同期には綺城ひか理蓮つかさ留依蒔世城妃美伶春妃うらら海乃美月らがいる。

2011年3月、宝塚歌劇団に97期生として入団。入団時の成績は6番。星組公演「ノバ・ボサ・ノバめぐり会いは再び」で初舞台。

2012年2月、組廻りを経て雪組に配属。

2015年早霧せいな咲妃みゆ大劇場お披露目となる「ルパン三世」で、新人公演初主演。同年4月、エアウィーヴのCMキャラクターに、月城かなと星南のぞみ有沙瞳らと起用される[2]

2016年、「るろうに剣心」で、新人公演主演。

2017年、「New Wave!-雪-」(バウホール公演)で、月城かなとと共にバウW主演。同年、早霧せいな・咲妃みゆ退団公演となる「幕末太陽傳」で、4度目の新人公演主演。 

2019年、『PR×PRince』にてバウホール単独初主演。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2011年4月~5月、星組『ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-/めぐり会いは再び-My only shinin' star-』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

雪組配属後[編集]

CM出演[編集]

  • 2015年4~9月、エアウィーヴ

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、88頁。ISBN 978-4-86649-004-5。
  2. ^ ~最高の舞台はいい眠りから~株式会社エアウィーヴホールディングス。
  3. ^ 彩風咲奈の休演により、4/21~4/24は代役で息子徳三郎を演じる。倉蔵息子清七役は縣千が務めた。