永井尚房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永井 尚房(ながい なおふさ、寛永14年(1637年) - 寛文5年7月19日1665年8月29日))は、山城淀藩の世嗣。

第2代藩主永井尚征(のち丹後宮津藩主)の長男。母は毛利秀元の娘。正室は立花忠茂の娘。子は娘(稲葉正辰正室)。官位は従五位下、越中守。

淀藩主の嫡子として生まれ、承応元年(1652年徳川家綱に拝謁する。翌承応3年(1653年)に叙任するが、家督相続前の寛文5年(1665年)に29歳で早世した。代わって、弟の尚長が嫡子となった。