永井幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永井 幸太郎(ながい こうたろう、1887年4月4日 - 1983年1月23日)は、日本実業家高畑誠一とともに日商を設立し、同社代表取締役社長や、貿易庁長官、学校法人甲南学園理事長日本発条代表取締役社長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

兵庫県出身。1909年神戸高等商業学校(現神戸大学)卒業。同期に高畑誠一がいた。卒業後スタンダード石油入社。その後高畑の誘いを受け鈴木商店に入社。本店穀肥主任、取締役本店総支配人等を経て、日本商業に出向[1]。鈴木商店破綻後、台湾銀行森広蔵頭取や三菱財閥各務鎌吉などの支援を得て、高畑らとともに日本商業を分離して日商を設立し取締役に就任した[2][3]。1945年日商代表取締役社長[1]。1947年貿易庁長官[4]学校法人甲南学園理事長。1949年日商代表取締役社長[1]。1956年大阪日米協会会長[5]。1957年日本発条代表取締役社長[1]

親族[編集]

脚注[編集]


先代:
下坂藤太郎
日商社長
1945年 - 1947年
1949年 - 1954年
次代:
落合豊一
先代:
塚田公太
貿易庁長官
1947年 - 1948年
次代:
白洲次郎
先代:
杉道助
大阪日米協会会長
1956年 - 1961年
次代:
北沢敬二郎
先代:
楓英吉
日本発条社長
1957年 - 1959年
次代:
坂本寿