永井英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

永井 英明(ながい ひであき、1926年大正15年)3月8日 - 2012年平成24年)9月24日[1])は、日本の将棋アマ強豪、近代将棋社社長。東京都目黒区出身[2]

中央大学卒業[3]。1946年作家・菊池寛を顧問に、若者アマチュアの将棋の会・青棋会を結成[4]。この会には清水孝晏(将棋史研究家・『将棋世界』編集長となる)、田辺忠幸(観戦記者)、斎藤栄(作家)、高校時代の関根茂(のちプロ九段)らが参加していた[5]

1950年昭和25年)に雑誌「近代将棋」を創刊。1981年から1994年までNHK杯テレビ将棋トーナメントの司会を務める[6]

大山康晴とは近代将棋創刊から大山の死去に至るまで親交が深く、「大山康晴名言集 平凡は妙手にまさる」(佼成出版社)という著書もある。その他の著書に「将棋を一から覚える本 強くなる駒の動かし方」(新星出版社)、「これが極秘の一手だ NHK杯戦にみる投了図100選」(北辰社)など。

1994年、第1回大山康晴賞を受賞。

2007年、「永井英明の盤寿を祝う会」において、長年に渡る将棋普及への功績に対し、日本将棋連盟からアマ八段を贈呈された[7]

著書[編集]

  • だから負けるこの悪手 : 逆発想の上達法 永井英明 著 二見書房 1986 (サラ・ブックス)
  • 将棋を一から覚える本 : 強くなる駒の動かし方 永井英明 著 新星出版社 1986
  • 勝負を決めた一手 : NHK杯10年100局にみる 永井英明 著 三一書房 1991 (三一将棋シリーズ)
  • これが極秘の一手だ : NHK杯戦にみる投了図100選 永井英明 著 北辰堂 1992 (王将ブックス)
  • 平凡は妙手にまさる : 大山康晴名言集 永井英明 著 佼成出版社 1993

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞2012年9月24日
  2. ^ 永井英明「大山康晴名言集 平凡は妙手にまさる」佼成出版社、著者紹介
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物
  5. ^ 『将棋世界』2021年8月号・田丸昇「昭和名棋士・次の一手」P,211
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物
  7. ^ 永井英明氏の盤寿を祝う会(2007年3月30日)”. 十三棋道舘道場. 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月19日閲覧。