永井運輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永井運輸株式会社
NagaiTransport
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 永井運輸
本社所在地 日本の旗 日本
371-0805
群馬県前橋市南町三丁目21-8
設立 1955年9月
業種 陸運業
法人番号 9070001002328
事業内容 運送業
乗合バス事業
貸切バス事業
旅行斡旋業
倉庫業
不動産賃貸業
自動車整備事業
特定労働者派遣事業他
代表者 代表取締役社長 永井 豊
資本金 4400万円
売上高 13億9100万円(平成26年度)
従業員数 205名
主要子会社 上州観光サービス(株)
外部リンク 永井運輸株式会社
テンプレートを表示

永井運輸株式会社(ながいうんゆ)は、群馬県前橋市を中心にトラックでの運送業を主幹事業とする会社である。同市内で乗合バスタクシーを、前橋市と桐生市で貸切バス事業も行う。また倉庫業賃貸マンション業も営む。

概要[編集]

永井運輸の始まりは1953年に一般区域貨物自動車運送事業の免許を取得し、翌年に永井運送店を開業したのが始まりである。トラック部門は現けやきウォーク前橋にかつて有ったダイハツ車体の部品輸送や完成車輸送を行い高度経済成長と共に規模を拡大させた。その後同工場は移転したもののキャリアカーの数は市内随一である。それと並行し1962年にタクシー業、1970年に貸切バス事業に参入し1993年に廃止代替バスに参入する。廃止代替バスはかつて東武バス群馬バスが運行し、撤退したバス路線を引継ぎ代替バス運行(=旧21条バス廃止代替バス)を行うもので前橋市が入札により参入事業者を公募したものである。なお、2006年10月の法改正により一般乗合旅客自動車運送事業(通常の路線バス)の許可形態に移行した。車体への表記も「貸切」から「乗合」に変更されている。

永井運輸のバスは、いわゆる観光バスである上州観光バスと、路線バスを運行している永井バスに大別される。車両数は前橋営業所に路線車23台・貸切4台、桐生営業所に貸切17台(2006年現在)。

回数券については群馬県内の共通バスカードである、ぐんネットが使用できる。

バス車庫は前橋市南町の本社近隣にあったが、2006年に前橋市上佐鳥町に移転した。なおこの場所は同社の倉庫業の拠点のひとつであった。

予備自衛官即応予備自衛官を積極的に雇用し2018年度には防衛省より予備自衛官等協力事業所表示制度[1]の協力事業所[2]に認定されている。

会社沿革[編集]

  • 1950年(昭和25年)12月1日:㈲永井工務店創設[3]
  • 1953年昭和28年)9月:運輸大臣より一般区域貨物運送事業の免許を認可される。(自貨第1177号)
  • 1954年昭和29年)1月1日:前橋市石川町(現在の表町)5番地にて永井運送店を開業。[3](4トン車2両)
  • 1955年昭和30年)
    • 6月:事業所を天川原町544番地(現本社、南町)に移転。
    • 9月:法人を設立し永井運送株式会社となる。
  • 1967年昭和42年)4月25日:永井運輸株式会社に社名変更。[3]
  • 1969年昭和44年)永井運輸2号倉庫を前橋市上佐鳥町に新設。
  • 1970年昭和45年)9月:東京陸運局より一般貸切旅客自動車運送事業免許取得(70東陸自1旅1第1880号)し桐生市巴町で貸切バス(大型バス4台)営業開始。
  • 1975年昭和50年)6月前橋市力丸町の流通団地[4]に貨物自動車部門を移転し力丸営業所を開設。
  • 1981年昭和56年)
    • 4月:貸切バス営業所を桐生市広沢町に移転。
    • 6月:関東海運局より倉庫業の免許取得し力丸営業所内で営業開始。(関運送第168号第309号)
  • 1983年昭和58年)10月:前橋市西善町に力丸営業所の第2車庫を開設。
  • 1991年平成3年)4月:太田市清原町2-2に太田営業所を開設。
  • 1992年平成4年)9月:前橋市西善町に配送センターを新設。
  • 1993年平成5年)4月:前橋市文京町にて車両3台で代替バス運行開始。
  • 1994年平成6年)3月:しきしま老人福祉センターの巡回バス運行開始。(特定旅客関自旅1第418号)
  • 1996年平成8年)11月:整備部が民間車検工場の認定を受ける。
  • 2001年平成13年)9月:玉村町乗合タクシーたまりん[5][6]の運行を開始。
  • 2006年平成18年)
    • 2月:前橋市南町の本社北側に高層マンション、アドヴァンスナガイⅢ完成。
    • 8月:バス事業部の前橋営業所を移設。
    • 10月:道路運送法の改正に伴い代替バスより一般乗合旅客自動車運送事業となる。
  • 昭和24年(1949)4月17日 個人経営時代の同社創業者、永井常松氏と初購入のトラック

  • 昭和27年 群馬大橋建設現場にて創業者の永井常松氏

  • 昭和31年の永井運送を北側から望む。左後方が中島飛行機部品工場跡地、後のダイハツ前橋製作所(現けやきウォーク)

  • 1957年(昭和32年) 交通安全パレード 群馬県庁前

  • 1961年(昭和36年)ダイハツ前橋製作所 ミゼット初出荷風景

  • ダイハツ前橋製作所での初荷式(昭和37年1月)

  • 1964年(昭和39年)頃のキャリアカー

  • 1968年(昭和43年)頃のダイハツ前橋製作所内に停まるキャリアカー

事業所[編集]

  • 本社:群馬県前橋市南町三丁目21-8
  • 力丸営業所:群馬県前橋市力丸町471
  • 修理部:群馬県前橋市力丸町472-2
  • バス事業部前橋営業所:群馬県前橋市上佐鳥町384-2
  • 桐生営業所:桐生市広沢町三丁目3984-1

閉鎖した事業所

  • 太田営業所:太田市清原町2-2
  • 上佐鳥倉庫:倉庫を取り壊しバス事業部前橋営業所として使用している。

関連会社

  • 上州観光サービス株式会社(観光業)
  • 日ノ出石油株式会社(ガソリンスタンド)[7]
  • 永井土建株式会社[8]
  • 力丸営業所内のキャリアトレーラー、大型ウィング車、大型観光バス

  • 力丸営業所内のキャリアトレーラー、大型ウィング車

  • バス事業部前橋営業所

  • 上佐鳥倉庫(現在のバス事業部前橋営業所)

  • 永井運輸力丸営業所(昭和50年)

  • 永井運輸力丸営業所(昭和50年)

永井バスの現行路線[編集]

※石関町学園中央線を除き、全て前橋市と玉村町の委託を受けて運行する。

[南52/庁50・51・52]玉村新町線[編集]

  • 前橋公園 - 前橋駅 - 六供町 - 後閑町入口 - 下川団地 - 玉村町役場 - 新町駅
    • 1993年4月8日運行開始。かつて東武バスが運行していた路線を、玉村町役場から新町駅まで延長。

[南56/庁56]下川団地線[編集]

  • 前橋公園 - 前橋駅 - 天川原町 - 下川団地
    • 1998年4月運行開始。東武時代に前橋公園 - 下川町という路線があったが別ルート。

[北50・59/庁58・59]嶺公園線[編集]

  • 前橋公園 - 前橋駅 - 中央前橋駅 - 県民会館 - 学校前・日吉町・総合福祉会館 - 勝沢町・高花台団地 - 嶺公園
    • 1996年4月1日運行開始。かつて群馬バスが運行していた路線。前橋市営霊園である嶺公園へのアクセスを担うため旧盆期間やお彼岸の時期は増便される。

[東57/庁57]東大室線[編集]

  • 前橋公園 - 前橋駅 - 旧日赤 - 東大室
    • 1993年4月8日運行開始。

かつて、東武バスが「前橋公園〜二之宮」で運営していた路線。永井運輸に移管後、東大室まで延伸された。

[北51・52・53・54/庁53・54]荻窪公園線[編集]

  • 前橋公園 - 前橋駅 - 日吉町・総合福祉会館 - (県民健康科学大学(構内)・平日の一部の便) - 芳賀工業団地 - 小坂子 - 荻窪公園
    • 1996年4月1日運行開始。かつて群馬バスが運行していた路線。
    • 2018年4月1日より、平日の一部の便を県民健康科学大学構内に乗り入れ。

石関町学園中央線[編集]

  • 前橋大島駅 - 石関町学園中央
  • 2001年9月運行開始。自主運行路線。路線開設当時の路線免許は21条免許であったが行政からの補助はない。開設以降乗客数は地域の学生輸送で順調に推移し朝のラッシュ時には50〜70人の乗客があり前橋地区でもっとも混み合う路線。
  • 休校日は運休するので、注意が必要。

コミュニティバス「マイバス」[編集]

  • 前橋市コミュニティバス「マイバス」東循環 西循環

玉村町乗合タクシー たまりん[5][6][編集]

北(赤)コース  南(黄)コース  西(青)コース  東(茶)コース  伊勢崎直行便  高崎直行便

・運賃は、町内100円均一、高崎・伊勢崎直行便は200円。 ※12月29日〜1月3日は運休する。

バス[編集]

永井運輸のバス車両は日野自動車いすゞ自動車日産ディーゼル工業(現UDトラックス)三菱ふそうから導入されている。中型車・小型車が中心で、中型車はいすゞ・ジャーニーKなどが導入されている。ノンステップ車両の導入にも積極的で、ノンステップバス比率は2006年現在31%オーバーで県内トップ。

カラーリングは白地に明るい緑と水色のストライプとなっている。

タクシー[編集]

永井運輸のタクシーはナガイタクシーとカタカナ表記されている。タクシーに関してはトヨタ以外の車両は無い。

トラック[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 予備自衛官等協力事業所表示制度”. 防衛省. 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ 群馬地方協力本部管内予備自衛官等協力事業所”. 防衛省. 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c 私からのメッセージ 62p 2003年 発行者 永井常松 参照
  4. ^ 通称:トラック団地
  5. ^ a b 乗合タクシーたまりん”. 玉村町. 2019年2月22日閲覧。
  6. ^ a b 玉村町での呼称は乗合タクシーだが路線バス部門が担当している。
  7. ^ 清算済
  8. ^ 他社へ売却