永井鱗太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永井 鱗太郎(ながい りんたろう、1907年(明治40年)2月26日 - 1985年(昭和60年)11月5日)は、日本の児童劇作家福井県あわら市(旧金津町八日)出身[1]。本名は善太郎。1927年、福井師範学校を卒業。福井県あわら市伊井小学校で小学校教師を始めるが、1933年に上京。東京でも小学校教師として働くかたわら、1936年に正善達三らと[1]児童劇団「子供町」を結成(1944年解散)。戦後文筆生活にはいる。児童劇脚本研究会「こまの会」を主宰。1953年『お月さまをたべたやっこだこ』で小学館児童文化賞受賞。1980年、日本児童演劇協会功労賞受賞[1]。1984年には芸術文化功労者として勲五等瑞宝章を受けた[1]。日本児童演劇協会常任理事を務めた[2]

あわら市金津東小学校校歌を作詞。

福井県あわら市刈安山山頂の自然公園内に歌碑がある(1985年10月建立)。

著書[編集]

  • 『太陽もこどもだ 長編童話』平和情報社、1949
  • 『あかいおりづる 幼年劇集』角浩等絵 誠文堂新光社、1951
  • 『銀いろの雨 中学校演劇集』目黒書店、1951
  • 『学校劇十二カ月』誠文堂新光社、1953
  • 『はとぶえぽうぽう 幼年劇集』未明社、1954
  • 『日本むかしばなし』学習研究社 二年の学習文庫、1957
  • 『学校劇図説』図説全集 岩崎書店、1958
  • 歌集『かりやす』(スバル叢書第28篇)短歌新聞社、1984

共編著[編集]

  • 『日本学校劇』全5巻 共編 古賀宏一絵 誠文堂新光社、1954-55
  • 『クラス全員が出演できる幼児劇』斎田喬共著 あすなろ書房、1969
  • 『クラス全員が出演できる民話劇』生越嘉治共著 あすなろ書房、1975
  • 『クラス全員が出演できる名作劇』生越嘉治共著 あすなろ書房、1977
  • 『クラス全員が出演できる世界昔話の劇』生越嘉治、高橋美代子共著 あすなろ書房、1978
  • 『クラス全員が出演できる日本昔話の劇』生越嘉治、高橋美代子共著 あすなろ書房、1979 

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 福井県あわら市刈安山山頂の刈安山自然公園内にある歌碑そばの碑文。
  2. ^ 1984年11月3日付読売新聞東京都版。