永島春暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永島 春暁(ながしま しゅんぎょう、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

歌川芳虎の門人。姓は永島、名は福太郎。芳虎の子だろうといわれている。はじめ虎重、後に春暁、また朝華楼芳照と称し、竹林舎、麗斎、孟斎と号す。作画期は慶応から明治にかけてとされ、明治の頃に錦絵を残し、神田紺屋町に住む。玩具絵も多く手掛けたという。明治20年(1887年)版行の「第三回内国勧業博覧会之図」には「春暁更(あらため)朝華楼芳照」の落款があるが、これ以後も「永島春暁」と落款した錦絵がある。

作品[編集]

参考文献[編集]