永島昭浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
永島 昭浩 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガシマ アキヒロ
ラテン文字 NAGASHIMA Akihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-04-09) 1964年4月9日(56歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 182cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
1980-1982 日本の旗 御影工業高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1992 日本の旗 松下電器
1992-1993 日本の旗 ガンバ大阪 32 (12)
1994-1995 日本の旗 清水エスパルス 38 (9)
1995-2000 日本の旗 ヴィッセル神戸 138 (67)
代表歴
1990-1991[1] 日本の旗 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

永島 昭浩(ながしま あきひろ、1964年4月9日 - )は兵庫県神戸市出身の元サッカー選手で、サッカー解説者スポーツキャスター。元サッカー日本代表。長女の永島優美はフジテレビのアナウンサー。

選手時代[編集]

小学4年からサッカーを始め、御影工業高校時代は1年からインターハイ出場、1、2年時には全国高校選手権出場。3年では兵庫県選抜入りし、島根国体で優勝。

高校卒業後の1983年、松下電器産業サッカー部(現:ガンバ大阪)に入団。4年目からポジションを奪い、89-90年度には15ゴールを決める活躍でリーグのベストイレブンに選出された[2]水口洋次監督退任直前の1991年元日には天皇杯獲得。この頃から注目される存在となった。1990年7月27日、第1回ダイナスティカップの韓国戦で先発出場して日本代表デビューを果たし[3]国際Aマッチ4試合に出場した[1]1993年Jリーグ開幕では浦和レッズ戦に先発出場し勝利した[4]。5月26日の清水エスパルス戦でJリーグ開幕後初ゴールを決めた[5][6]6月5日神戸ユニバー記念競技場で行われた名古屋戦にてハットトリックを達成[7]、これがJリーグ日本人選手のハットトリック第1号となった(Jリーグのハットトリック第1号はジーコ[7]。同じく神戸ユニバーで開催の初のJリーグオールスターサッカーではJ-WESTの選手として出場、ゴール記録し[8]敢闘賞を獲得した[2]

ガンバでの1年目はリーグ戦32試合12ゴールとある程度の成績を残していたが、次第に釜本邦茂監督の構想を外れる様になり、確執も伝えられた[9]1994年1月24日、日本代表への復帰を目指して、清水エスパルスへの移籍が突然発表された[9]。同年の開幕戦となった横浜フリューゲルス戦で88分に決勝ゴールを決めるデビュー[2][10]。同年のJリーグオールスターサッカーでも決勝ゴールを決めて[11]、MVPを獲得した[12]

阪神・淡路大震災に見舞われ、実家もこれによって全壊1995年、そのシーズン途中、「神戸を勇気づけたい」と当時ジャパンフットボールリーグ所属でJリーグ準会員ヴィッセル神戸に移籍[12]。Jリーグの強豪クラブのエースが、下部リーグに移籍したことで当時話題になった。1996年はチーム内ではジアードに次ぐ17ゴールを決め[13]、チームのJリーグ昇格に貢献する活躍を見せ、「ミスター神戸[2]としてチームを牽引した。またこの年の途中から加入したミカエル・ラウドルップに大きな影響を受けた[14]

1997年には、開幕戦となった鹿島アントラーズ戦でJ1復帰後初ゴールを決めると[2]、後期、第12節のジェフ市原戦で自身2回目、神戸の選手としては初となるハットトリックを達成するなど[7]、22ゴールで[6]得点ランキング3位タイ、日本人では単独1位を記録した[2]。また同年は3度目のJリーグオールスターサッカー出場を果たした。1998年は欠場もあり成績を落とすが、それでも二桁ゴールを決めた[6]。また同年のJ1参入決定戦の2回戦、コンサドーレ札幌戦の1stレグではPKで1ゴールを挙げ勝利に貢献[15]、2ndレグでも先発フル出場してJ1残留に貢献した。

2000年11月26日、現役ラストの試合となった三浦知良擁する京都戦で途中出場から決勝ゴールを決めた[16]。試合後の引退セレモニーでは、日本代表で宿舎が同部屋になったこともある三浦知良も登場した[17]。J1通算165試合61ゴールの成績を残した[2]。以後、彼の背番号「13」は播戸竜二大久保嘉人我那覇和樹小川慶治朗などチームのエースストライカーが背負っている。

引退後[編集]

引退後はヴィッセル神戸の技術アドバイザー、日本サッカー協会JFAアンバサダーとして後進の指導に当たる傍ら、スポーツコメンテーターとしてフジテレビ系列、CS放送J SPORTSの解説や毎日放送(MBSラジオ)のパーソナリティー、読売テレビ雨スポ』などに出演している。

2002年4月1日から2011年3月末までフジテレビの夕方のニュース番組、『FNNスーパーニュース』内の「スポーツの力」のキャスターを務めていた。コメントを「噛む」場面が多く、「はに噛む王子」とも揶揄されたり[18]、噛む場面がモノマネのネタにされたりした[19]。2011年4月2日からフジテレビの『FNNスーパーニュースWEEKEND』内のスポーツコーナーに異動。2015年4月から『FNN みんなのニュース Weekend』にも引き続き出演、週末のスポーツの話題を伝えていたが、同番組の最終回である2018年4月1日をもって、フジテレビのキャスターを卒業した[20]

2004年まで『すぽると!』では毎週木曜日totoを予想するコーナー担当していた。

2001年から2004年まで、アシックスのスポーツアドバイザーとして活動をした。

2015年4月6日、日本のサッカーを世界基準へ引き上げるための論文作成のため日本大学大学院総合社会情報研究科に入学することを公表[21]

2016年5月10日日本サッカー協会国際委員会委員に就任[22]

2017年3月、日本大学大学院総合社会情報研究科博士前期課程を修了、国際情報の修士号を取得した[23]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1983 松下 関西 -
1984 JSL2部
1985
1986-87 13 JSL1部 22 7
1987 13 JSL2部 14 6 1 0
1988-89 13 JSL1部 21 5 1 0
1989-90 13 22 15 0 0
1990-91 13 21 8 1 1
1991-92 10 21 8 3 3
1992 G大阪 - J - 9 5 3 2 12 7
1993 - 32 12 6 5 0 0 38 17
1994 清水 - 28 8 1 1 0 0 29 9
1995 - 10 1 - - 10 1
1995 神戸 51 旧JFL 15 10 - 3 0 18 10
1996 13 28 17 - 3 5 31 22
1997 J 32 22 5 3 2 1 39 26
1998 28 10 3 1 2 2 33 13
1999 J1 26 7 1 0 0 0 27 7
2000 9 1 1 0 0 0 10 1
通算 日本 J1 165 61 26 15 7 5 198 81
日本 JSL1部 107 43
日本 JSL2部
日本 旧JFL 43 27 - 6 5 49 32
日本 関西
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(1990-1991)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1990 3 0 0 0 3 0
1991 1 0 2 0 3 0
通算 4 0 2 0 6 0

個人タイトル[編集]

  • 1997年 - Jリーグ フェアプレー個人賞

出演番組[編集]

  • すぽると!フジテレビ
    • コメンテーター(2001年4月 - 2002年3月、2014年4月 - 2016年3月)
  • FNNスーパーニュースWEEKEND(フジテレビ、2011年4月2日 - 2015年3月29日) - スポーツキャスター
  • FNNスーパーニュース(フジテレビ)
    • 月曜のスポーツキャスター(2002年4月1日 - 2004年3月22日)
    • 月曜 - 水曜のスポーツキャスター(2004年3月29日 - 2011年3月23日)
  • みんなのニュース(フジテレビ)
    • 月曜 - 水曜の旧・第1部のコメンテーター(2015年3月30日 - 2015年9月23日)
    • 月曜の旧・第1部のコメンテーター(2016年1月4日 - 2016年3月28日)
  • FNN みんなのニュース Weekend(フジテレビ、2015年4月4日 - 2018年4月1日) - スポーツキャスター

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “永島 昭浩”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_na/akihiro_nagashima.html 
  2. ^ a b c d e f g “日本人初ハットの永島昭浩氏が語るストライカー人生”. www.nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/soccer/news/202005180000769.html 2020年5月19日閲覧。 
  3. ^ “日本代表 vs 韓国代表1990年7月27日”. samuraiblue.jpl. http://samuraiblue.jp/timeline/19900727/ 2020年4月17日閲覧。 
  4. ^ 93Jリーグサントリーシリーズ 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ 93Jリーグサントリーシリーズ 第4節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  6. ^ a b c 永島 昭浩”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  7. ^ a b c Jリーグ ハットトリック一覧”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  8. ^ 93JリーグKodakオールスターサッカー 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  9. ^ a b 週刊サッカーマガジン 1994年2月16日 no.442 p.4-5 ベースボールマガジン社
  10. ^ 94Jリーグサントリーシリーズ 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  11. ^ ’94JリーグKodakオールスターサッカー 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  12. ^ a b 永島昭浩”. www.japansportspromotion. 2020年4月21日閲覧。
  13. ^ ヴィッセル神戸 1996”. www.vissel-kobe.co.jp. 2020年4月21日閲覧。
  14. ^ “永島昭浩が選ぶJ歴代ベスト11”. www.soccerdigestweb.com. https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=73491 2020年5月20日閲覧。 
  15. ^ 第3参入クラブ決定戦 第2節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  16. ^ 2000Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  17. ^ 元日本代表FW永島昭浩氏が語る 最後のVゴール”. news.livedoor.com. 2020年4月21日閲覧。
  18. ^ テレビの「偶然笑えた瞬間」を切り取った年末特番が放送”. お笑いナタリー (2009年12月24日). 2015年7月1日閲覧。
  19. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/01/kiji/20180401s00041000315000c.html
  20. ^ 永島昭浩氏、フジ出演番組のキャスター卒業を明言”. 日刊スポーツ (2018年3月31日). 2018年4月1日閲覧。
  21. ^ 永島昭浩氏が日大大学院へ「サッカーを論理的に」 日刊スポーツ.2015年4月7日5時4分掲載。
  22. ^ “永島昭浩氏、JFAの国際委員に就任「微力ながら力に」”. ORICON STYLE. (2016年5月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2071417/full/ 2016年5月10日閲覧。 
  23. ^ “永島昭浩氏 日大大学院博士前期課程を修了、「国際情報」修士取得”. (2017年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/03/29/kiji/20170329s00002000300000c.html 

関連項目[編集]