永松博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永松 博文
ながまつ ひろふみ
生年月日 (1939-07-03) 1939年7月3日(78歳)[1]
出生地 大分県豊後高田市
出身校 金沢大学法文学部
所属政党 無所属
称号 旭日中綬章

当選回数 3回(2005年の市町村合併後)
在任期間 2005年4月24日 - 2017年4月23日
テンプレートを表示

永松 博文(ながまつ ひろふみ、1939年7月3日 - )は、日本政治家大分県豊後高田市長(2005年の市町村合併後)を3期、旧豊後高田市長を2期務めた。昭和の町による豊後高田市の地域おこしの推進で知られる[2]

来歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 市長の部屋 豊後高田市
  2. ^ 第3回 大分県豊後高田市「昭和の町」は3つの戦略の1つ 新・公民連携最前線 PPPまちづくり(日経BP社)、2016年9月5日
  3. ^ a b c 永松博文・大分県豊後高田市長 時事ドットコム
先代:
初代
Flag of Bungotakada Oita.JPG 大分県豊後高田市長
2005年 - 2017年
次代:
佐々木敏夫