ながきふさひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ながき ふさひろ(本名・永木 總博、1937年8月27日 - 2010年11月27日 )は、大阪府出身のアニメ演出家漫画家監督。別名義に永樹 凡人。弟はアニメーターの永木龍博。

来歴[編集]

昭和20年代(1945年 - 1954年)から昭和30年代(1955年 - 1964年)にかけて、永樹凡人名義で貸本漫画の少女漫画家として活躍。1961年に漫画家でもあるアニメーターの古沢日出夫に紹介されて東映動画に入社。アニメ制作の道へ入る。東映動画の劇場長編作品で動画を担当した後、1964年に東映動画を退社して、香西隆男、小泉謙三、我妻宏らとアニメスタジオのハテナプロを設立。東映動画、虫プロダクションピー・プロダクションのテレビアニメの外注をこなした。ハテナプロが解散してからは、1970年に弟の龍博らと設立したスタジオ・ジョークを主宰。演出や作画監督をこなした。

アニメスタジオの経営者としてはスタジオ・ジョーク以外にも数々のスタジオを設立。韓国に美路動画、他社との共同で出資で1974年台湾で東台、1980年にはサン・ルックを設立。韓国への外注体制を築いた。1983年からはアニメのスタッフとしての活動を再開。1985年からはテレビアニメ『サザエさん』の演出の仕事を中心にした。

主な担当作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ ドロロンえん魔くん”. 東映アニメーション. 2016年6月4日閲覧。

参考資料[編集]