永瀬ようすけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永瀬 ようすけ
生誕 ????1月22日
日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2009年 -
ジャンル ギャグ漫画
ストーリー漫画
代表作やみのさんしまい
生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと
受賞
  • 第13回シリウス新人賞・奨励賞(ばかたん)
テンプレートを表示

永瀬 ようすけ(ながせ ようすけ、1月22日[1] - )は、日本漫画家杉並区在住[2]

人物[編集]

2009年「ばかたん」で第13回シリウス新人賞の奨励賞を受賞。

2010年に月刊少年シリウスで代理原稿として掲載された「やみのさんしまい」がそのまま連載化され漫画家デビューする。

「墟とか横丁とか路地とか土偶とか喫茶店[2]」の愛好者。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永瀬ようすけ [@youtantan] (2013年1月22日). "みなさん誕生日おめでとうメッセージありがとうございます!って言うとさりげなく誕生日アピールできますよね〜っていうことで、みなさん誕生日おめでとうメッセージありがとうございます!!" (ツイート). Retrieved 2019年4月1日 – via Twitter.
  2. ^ a b 永瀬ようすけ(@youtantan)さん | Twitter” (日本語). twitter.com. 2019年4月1日閲覧。
  3. ^ 『愛が重たい女の子とばかりつきあう俺のヒリヒリ恋愛日記』第5話【連載】”. ダ・ヴィンチニュース (2018年11月6日). 2019年5月26日閲覧。