永田寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリンピック
日本の旗 日本
男子 ホッケー
オリンピック
1932 ロサンゼルス ホッケー

永田 寛(ながた ひろし、1907年(明治40年)8月30日 - 1961年(昭和36年)8月4日)は、日本のフィールドホッケー選手。1932年ロサンゼルスオリンピック銀メダリスト。

経歴[編集]

1907年(明治40年)広島県に生まれる。旧制修道中学校(現修道中学校・修道高等学校)を卒業[1]明治大学在学中[2]の1932年(昭和7年)、ロサンゼルスオリンピックのホッケー競技に日本代表チームとして出場し、銀メダルを獲得[3](参加3カ国)。

大日本ホッケー協会審判員、愛媛県ホッケー協会初代理事長、日本ホッケー協会理事を歴任。

1961年8月4日、肝臓炎のため53歳で死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 修道学園史(昭和32年)185頁
  2. ^ スポーツ科学研究 10, 242-316, 2013 年
  3. ^ 外部リンクのSports Refrencesを参照。

関連項目[編集]