永田新之允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永田新之允

永田 新之允(ながた しんのじょう、明治4年4月8日[1]1871年5月26日) – 昭和46年(1971年6月21日[2])は、日本の衆議院議員憲政会中正倶楽部新正倶楽部)。岩国市長ジャーナリスト

経歴[編集]

周防国玖珂郡岩国(現在の岩国市)出身[3]扶桑新聞社で活版職工として勤務[3]1888年(明治21年)より名古屋逓信管理局、東京逓信管理局、横浜郵便電信局、東京郵便電信局で勤務した[4]1896年(明治29年)に読売新聞社記者、編集局長となる[1][3]。その後、国民新聞社に転じ、1902年(明治35年)には理事・編集長となった[3]。さらに1904年(明治37年)に実業之日本社に移り、理事、編集長、営業部長、総務部長を歴任した[3]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

1927年(昭和2年)、実業之日本社を退社し、秀英舎取締役となった[3]

1932年(昭和7年)、岩国町長に選出され[1]1940年(昭和15年)に市制が施行されると初代市長に就任した[4]

著書[編集]

  • 小野梓』(富山房、1897年)
  • 『烈士伊藤柳太郎少佐』(文録社、1943年)
  • 『錦帯橋史』(岩国観光協会、1953年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大衆人事録 第13版』
  2. ^ 『議会制度百年史』
  3. ^ a b c d e f 『大衆人事録 第3版』
  4. ^ a b 『日本の歴代市長』第3巻、p.201

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第13版』帝国秘密探偵社、1940年。
  • 『日本の歴代市長 第3巻』歴代知事編纂会、1985年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。