永福稲荷神社 (杉並区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
永福稲荷神社
Eifuku inari jinja suginami.JPG
所在地 東京都杉並区永福1-24-6
主祭神 宇迦之御魂命
創建 享禄3年(1530年)
例祭 9月24日
テンプレートを表示

永福稲荷神社(えいふくいなりじんじゃ)は、東京都杉並区永福にある神社。

由緒[編集]

当神社は、社伝によれば享禄3年(1530年)に永福寺の開山秀天和尚が、永福寺境内の鎮守として、伊勢外宮より豊受大神を勧請したものされている。このように寺の鎮守として祀られたわけだが、寛永16年(1639年)の検地の際に、永福寺村持ちの鎮守になったといわれている。明治維新後、永福寺から分離して今日に至っている。明治11年(1878年)には社殿を町全体を守るように西向きに建て直された。明治40年(1907年)10月には北野神社を合祀している。

境内末社[編集]

  • 天王社
  • 白山神社
  • 白鳥神社
  • 天神社

境外末社[編集]

  • 御嶽神社

アクセス[編集]