永遠に美しく…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
永遠に美しく…
Death Becomes Her
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 マーティン・ドノヴァン
デヴィッド・コープ
製作 ロバート・ゼメキス
スティーヴ・スターキー
出演者 メリル・ストリープ
ブルース・ウィリス
ゴールディ・ホーン
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ディーン・カンディ
編集 アーサー・シュミット
配給 ユニヴァーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年7月31日
日本の旗 1992年12月12日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[1](概算)
興行収入 $58,422,650[1] アメリカ合衆国の旗
$149,022,650[1] 世界の旗
配給収入 11億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

永遠に美しく…』(とわにうつくしく、原題: Death Becomes Her)は、1992年アメリカ映画ロバート・ゼメキス監督。不老不死の秘薬を飲んだ女性達の騒動を通して、「いつまでも若く美しくありたい」という願望をブラックに描くブラック・コメディ映画。出演はメリル・ストリープブルース・ウィリスゴールディ・ホーン他。

ストーリー[編集]

落ち目を迎えたかつての人気女優マデリーンのもとに、旧友であるヘレンが訪れ、有名な美容外科医アーネストと婚約したと自慢してくる。ところがアーネストはマデリーンを一目見た時から魅了されており、ヘレンを捨ててマデリーンと結婚してしまう。失意のヘレンは激太りし、7年後には病院送りになる。

それからさらに7年後。50代となり容姿の衰えに悩むマデリーンはヘレンと再会するが、彼女はまるで若返ったかのように美しくなっていた。対抗心を燃やしたマデリーンはエステ会社の社長の紹介で謎の美女リスルに出会い、大金と引き換えに「永遠に美しくなれる」という秘薬を手に入れる。一息に飲み干したマデリーンに対し、リスルは「決して体を傷つけるな」という謎めいた忠告を残す。若く引き締まった肉体に戻ったマデリーンは嬉々として帰宅する。

一方、マデリーンへの復讐を考えていたヘレンは、死体修復師に落ちぶれマデリーンとの冷め切った結婚生活に疲弊しているアーネストと密かに会い、マデリーンを殺害する計画を持ち掛けていた。アーネストは殺害が露見するのではと不安を抱くが、帰宅したマデリーンからの罵倒に激怒し、彼女を衝動的に階段から突き落としてしまう。だが、彼女は全身が骨折し、首が180度回転した状態でも生きていた。マデリーンの死を知らされたヘレンは遺体を処理するためアーネストのもとへ駆けつけるが、アーネストによってスプレーやペンキで修復されていたマデリーンは猟銃を持ち出し、ヘレンを撃ち殺してしまう。しかし、ヘレンは体に風穴を開けられたにも関わらず、平然とした様子で立ち上がってくる。

実はヘレンもリスルの秘薬を飲んでいたのだ。秘薬は「決して衰えない永遠の美」を与えると同時に、「決して死ねない体になる」という恐ろしい霊薬だったのである。

お互いに秘薬を飲んだことを知った2人はアーネストを無視して殺し合いを始めるが、お互いが不死の肉体ゆえに決着がつかない。やがて馬鹿馬鹿しくなった2人は争いをやめると、互いに行ってきた仕打ちを認めて謝罪しあう。長年の確執を越えて和解し意気投合した2人は、自分達と縁を切りたがっているアーネストに肉体を修復させ続けるため、彼に秘薬を飲ませて不老不死にしようと目論む。

2人に気絶させられ、リスルの屋敷へと運び込まれたアーネストは、リスルに勧められるまま秘薬を口にしようとする。しかし、寸前で不死がもたらす負の側面に気付くと、秘薬を飲むことを拒否して逃げ出した。逃走中、命の危機に晒されるアーネストにマデリーンとヘレンが駆けつけ、秘薬を飲めば死んでも問題がないと必死に説得する。しかし、アーネストは利己的な2人に縛られることを拒み、なんとか窮地を脱して屋敷から逃げ去っていく。ヘレンとマデリーンは自分を修復してもらうため離れることもできず、永遠に2人で生きていくしかない現実に直面する。

それから37年後、アーネストは愛する妻や子、孫に囲まれて平凡ながらも幸せな日々を送った末に、老衰により人生の幕を閉じていた。多くの人が参列する葬儀の片隅にはヘレンとマデリーンの姿がある。涙ぐんだヘレンは顔の塗料の剥がれたためバッグからスプレー缶を探すが見つからず、教会の外に出て互いの顔が著しく劣化している様子を再確認する。顔は塗りたくった肌色のラッカーでボロボロになり、歩く動きはぎこちなく、指などの一部は欠損の末に紛失していた。階段を降りながら軽い口論が始まると、落としていたスプレー缶をヘレンが踏んづけて体勢を崩してしまう。ヘレンはかろうじて踏ん張るが、ニヤニヤと見つめるマデリーンに苛立つと、彼女を道連れに階段を転げ落ちていく。

石畳に叩きつけられた体は無残にもバラバラに砕け散るが、2人はそんな有様になっても死ぬことができなかった。

登場人物[編集]

マデリーン・アシュトン
本作の主人公。元人気女優だが落ち目を迎え、50代となった現在は仕事がない。容姿の衰えを多いに恐れており、14年ぶりに再会したヘレンの美貌をいぶかしがると同時に対抗心を燃やし、エステ会社の社長に教えられたリスルの屋敷を訪ね、秘薬によって若返る。
ヘレンの恋人を奪い続けてきたが、それはかつて彼女に「安っぽい女」と言いふらされ、友人としての扱いも酷かったことへの報復である。アーネストとの略奪婚も報復の1つでしかなく、端から愛情のない結婚だったため今では関係が冷え切っており、若い男と肉体関係を持っている。
ヘレン・シャープ
もう1人の主人公。昔からマデリーンに恋人を寝取られるという仕打ちを受け続けている。婚約者であるアーネストが誘惑に勝てるかどうか試すためマデリーンに会わせた結果、結局寝取られてしまって激しい怒りとストレスから激太りし、7年後には病院送りとなってしまった。カウンセリングを受けるうち、マデリーンへの復讐を決意する。
1985年にリスルの秘薬を飲んでいる。現在は人気作家になっており、新作の出版記念パーティーにマデリーンとアーネストを招待して再会を果たした。
アーネスト・メンヴィル
元美容外科医でマデリーンの夫。その界隈では有名な医師だったが、マデリーンの浪費癖を支えるために働きづめた末に、今では死体修復師に落ちぶれており、愛のない結婚生活に疲れ切って勃起不全になっている。
和解して意気投合したヘレンとマデリーンに気絶させられ、運ばれた先でリスルから秘薬を渡されて飲む寸前までいくが、リスルの熱弁する永遠の人生がむなしいだけだと悟って逃げ出す。
逃げ切ってから37年後に逝去。50歳にしてクレアという女性と結婚し、息子2人と娘4人をもうけていた。
性格は優柔不断で女性からの誘惑に弱く、結婚生活の辛さを酒で誤魔化している。また、マデリーンとヘレンほどではないが人間性に問題があり、かつて修復を行った遺体の遺族に対して「修復はペンキのスプレーで行っている」と平然と明かした。
リスル・フォン・ローマン
秘密クラブの主催者である謎めいた美女。本人曰く実年齢は71歳だが、秘薬の力により20代の美貌を保っている。彼女の生い立ちや秘薬を手にするに至った経緯は謎。
自ら秘薬を求めたマデリーンに対しては高額な代金を要求した一方、彼女らに連れてこられたアーネストには無償で秘薬を提供し、強引に飲ませようとしている[3]
秘薬
体内に吸収すると永遠の若さと不老不死をもたらす霊薬。指先を切った程度の傷であれば即座に癒えるが、一度死んでしまうと傷が癒えることはなくなり、肉体は損傷に関係なく活動が可能になる。
シャガール
エステ店の社長。貪欲に美しさを求めるマデリーンに対し、リスルの屋敷の住所が書かれた紙を手渡した。
アンナ
エステ店の女店員。22歳。マデリーンも認めるピチピチ肌の巨乳。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
マデリーン・アシュトン メリル・ストリープ 池田昌子 一柳みる
ヘレン・シャープ ゴールディ・ホーン 井上瑤 藤田淑子
アーネスト・メルヴィル ブルース・ウィリス 羽佐間道夫 樋浦勉
リスル・フォン・ローマン イザベラ・ロッセリーニ 高島雅羅 駒塚由衣
シャガール イアン・オギルビー 伊藤和晃 納谷六朗
アンナ ミシェル・ジョンソン 達依久子 井上喜久子
医師 シドニー・ポラック 青森伸 小林清志
牧師 ジョン・イングル 星野充昭 山ノ内雅人
ダコタ アダム・ストーク 荒川太郎 後藤敦
ローズ ナンシー・フィッシュ 定岡小百合
精神医 アライーナ・リード・ホール 水原リン
アダムス夫人 メアリー・エレン・トレイナー 磯辺万沙子
メグ メグ・ウィットナー 速見圭
ノーマン ジョナサン・シルヴァーマン 小島敏彦
フランクリン ウィリアム・フランクファーザー 島香裕 岩田安生
女医 スーザン・ケラーマン 森ひろ子
エルビス ロン・ステイン 佐々木誠二
不明
その他
丸山詠二
伊井篤史
久保田民絵
金野恵子
定岡小百合
渡辺美佐
服部幸子
浅野まゆみ
小野英昭
  • ソフト版:DVDなどに収録。配信にも使用されている。
  • 日本テレビ版:初回放送1996年9月20日『金曜ロードショー

スタッフ[編集]

(以下アカデミー視覚効果賞受賞スタッフ)

  • VFXスーパーバイザー:ケン・ローストン
  • VFXアートディレクター:ダグ・チャン
  • CGスーパーバイザー:ダグ・スマイス
  • 特殊メイクデザイン:トム・ウッドラフJr.

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Death Becomes Her (1992)”. Box Office Mojo. 2009年12月1日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)524頁
  3. ^ アーネストがマデリーンとヘレンに施した死体修復の技術を絶賛しており、2人と同様に死後のメンテナンスが目的だった可能性が高い。