永遠の門 ゴッホの見た未来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永遠の門
ゴッホの見た未来
At Eternity's Gate
監督 ジュリアン・シュナーベル
脚本 ジュリアン・シュナーベル
ジャン=クロード・カリエール
製作 ジョン・キリク
製作総指揮 シャルル=マリー・アントニオーズ
モーラ・ベルケダール
ニック・バウアー
ジャン・デュアメル
フランソワ=ザヴィエ・デクレーヌ
ニコラ・レルミット
ディーパック・ナヤール
マルク・シュミットハイニー
トーステン・シューマッハー
カール・シュポエリ
出演者 ウィレム・デフォー
ルパート・フレンド
マッツ・ミケルセン
マチュー・アマルリック
エマニュエル・セニエ
オスカー・アイザック
音楽 タチアナ・リソフスカヤ
撮影 ブノワ・ドゥローム
編集 ジュリアン・シュナーベル
ルイーズ・クーゲルベルク
製作会社 リバーストーン・ピクチャーズ
イコノクラスト
配給 アメリカ合衆国の旗 CBSフィルムズ英語版
日本の旗 ギャガ/松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年11月16日
日本の旗 2019年11月8日
上映時間 110分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
フランス語
興行収入 世界の旗 $1,478,725[2]
テンプレートを表示

永遠の門 ゴッホの見た未来』(えいえいんのもん ゴッホのみたみらい、At Eternity's Gate)は、2018年アメリカ合衆国イギリスフランス合作の伝記映画。監督はジュリアン・シュナーベル、主演はウィレム・デフォーが務めた。

ストーリー[編集]

精神病や孤独に苦しみながらも、フィンセント・ファン・ゴッホは数々の名作を世に送り出した。本作はそんな彼の内面と自死に対する一つの解釈を打ち出す。

キャスト[編集]

製作[編集]

2017年5月、ジュリアン・シュナーベル監督の新作映画にウィレム・デフォーが出演するとの報道があった[3]。シュナーベルは本作に関して「必ずしも史実に沿ったストーリーにはなっていない。これは私なりのゴッホ解釈だ。」という主旨のことを語っている[3]

2017年9月、本作の主要撮影が始まった。撮影は38日間にわたって行われ、ロケ地にはブーシュ=デュ=ローヌ県アルルオーヴェル=シュル=オワーズのようなゴッホが晩年を過ごした場所が選ばれた[4]

公開・興行収入[編集]

2018年5月、CBSフィルムズが本作の全米配給権を購入したと報じられた[5]。9月3日、本作は第75回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された[6][7]。10月12日、本作はニューヨーク映画祭で上映された[8]

2018年11月16日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に9万2856ドル(1館当たり2万3214ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場32位となった[9]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには101件のレビューがあり、批評家支持率は81%、平均点は10点満点で7.3点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「主演のウィレム・デフォーの魅惑的な演技のお陰で、『永遠の門 ゴッホの見た未来』はフィンセント・ファン・ゴッホの困難な晩年を巧みに思い描いている。」となっている[10]。また、Metacriticには32件のレビューがあり、加重平均値は78/100となっている[11]

本作における演技が評価され、ウィレム・デフォーは第75回ヴェネツィア国際映画祭で男優賞を受賞し[12]第76回ゴールデングローブ賞主演男優賞 (ドラマ部門)にノミネートされた[13]

出典[編集]