永野田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
永野田駅
駅跡
駅跡
ながのだ
Naganoda
吾平 (1.5km)
(1.8km) 大隅川西
所在地 鹿児島県鹿屋市永野田町
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 大隅線
キロ程 27.2km(志布志起点)
電報略号 ナノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1920年12月23日
廃止年月日 1987年3月14日
備考 1920年に大隅鉄道の駅として開業、1935年に国有化。
テンプレートを表示

永野田駅(ながのだえき)は、鹿児島県鹿屋市永野田町にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)大隅線廃駅)である。大隅線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)3月14日に廃止となった。

駅跡地は現在、フィットネスパース(自転車歩行者専用道路)の入口となっている。

廃止時の構造[編集]

  • 駅舎はなく、ホームとその上の待合所のみの駅であった。

歴史[編集]

  • 1920年(大正9年)12月23日 - 大隅鉄道の駅として開業、762 mm軌間軽便鉄道
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 大隅鉄道が国有化され、古江線の駅となる。
  • 1936年(昭和11年)10月23日 - 古江線の路線名改称により、古江西線の駅となる。
  • 1938年(昭和13年)10月10日 - 1,067 mm軌間への改軌工事完成、古江東線と古江西線を合わせて再度、古江線に改称。同線の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)7月1日 - 手小荷物の取り扱い開始[1]
  • 1972年(昭和47年)9月9日 - 志布志駅 - 国分駅間全通に伴い古江線が大隅線に改称され、大隅線の駅となる。
  • 1987年(昭和62年)3月14日 - 大隅線の全線廃止に伴い、廃止となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
大隅線
吾平駅 - 永野田駅 - 大隅川西駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「運輸省告示第182号」『官報』1947年6月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]