永陵 (清)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四祖碑亭

永陵(えいりょう、満州語ᠡ᠊ᠨᡨᡝᡥᡝᠮᡝ
ᠮᡠᠩᡤᠠᠨ
、転写:enteheme munggan)は、中国遼寧省撫順市新賓満族自治県永陵鎮にある、の前身・後金の初代皇帝であるヌルハチの祖先の陵墓。

1598年に建造開始。当初は興京陵と呼ばれていたが、1659年(順治16年)に永陵に改称。福陵昭陵とともに清の外三陵のひとつ。1988年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定され、2004年にユネスコ世界遺産に登録された。

被葬者[編集]

  • メンテム(mengtemu、孟特穆) - フマンの曾祖父。
  • フマン(fuman、福満) - ギオチャンガの父。ヌルハチの曾祖父。
  • ギオチャンガ(giocangga、覚昌安) - タクシの父。ヌルハチの祖父。
  • タクシ(taksi、塔克世) - ヌルハチの父。
  • リドゥン・バトゥル(lidun baturu、礼敦巴図魯) - タクシの兄。ヌルハチの伯父。
  • タチャ・フィヤング(taca fiyanggū、塔察篇古) - タクシの弟。ヌルハチの叔父。

関連項目[編集]

※上記のほか、遼陽にヌルハチの一族を葬った東京陵がある

座標: 北緯41度42分29秒 東経124度47分47秒 / 北緯41.70806度 東経124.79639度 / 41.70806; 124.79639