汐泊川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

汐泊川(しおどまりがわ)は北海道函館市を流れ、津軽海峡に注ぐ二級河川汐泊川水系の本流である。

地理[編集]

函館市の三森山に発し、同市鉄山町にて温川と合流、南下をし古川町、新湊町にて津軽海峡に注ぐ。

主な支流[編集]

  • 温川
    • 糸川
  • 谷地山沢川
  • 西俣川

ダム[編集]

  • 矢別ダム - 1975年(昭和50年)、冷水川に設けられた治水専用ダム。

参考文献[編集]

  • 「矢別ダム」北海道渡島総合振興局函館建設管理部事業課ダム管理係

関連項目[編集]

  • 銭亀火山 - 同河川河口沖にある海底火山。湯の川温泉の熱源になっていると推定されている。
  • 亀尾村 - 同河川中上流域にかつてあった村。現在は函館市湯川支所管内
  • 銭亀沢村 - 同河川下流域にかつてあった村。現在は函館市銭亀沢支所管内
  • 戸井線 - 五稜郭駅ー戸井を結ぶ未成線。河口に橋脚遺構が残る