江上健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
えがみ けんじ
江上 健二
没年月日 2021年5月11日
出生地 福岡県久留米市
死没地 神奈川県川崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 舞台俳優
テンプレートを表示

江上 健二(えがみ けんじ、1966年若しくは1967年 - 2021年5月11日)は日本の舞台俳優。元劇団四季所属。

人物[編集]

  • 福岡県久留米市出身。19歳の時に演劇の道を志し、芝居の教室に通う。
  • その後、上京し、クラシックバレエやジャズダンスのレッスンを受ける。
  • 21歳の時に見た劇団四季の「35ステップス」に感動し、劇団四季への入団を目指す。
  • 1992年劇団四季創立四十周年記念オーディション合格。劇団での経験を積み、創立四十五周年を記念した「劇団四季ソング&ダンス」への出演を果たす。
  • 膝を故障し舞台に立てなくなった時、劇団内の歌の試験を受ける。リスクの高いチャレンジだったが、演出家に認められ、「はだかの王様」のアップリケ役で出演を果たす。
  • 2021年5月13日、肝細胞がんにより川崎市内の病院で同年5月11日に死去していたことが劇団四季より発表された。享年54。喪主は兄が務めた。結果的に前年の12月に大阪四季劇場で上演された「リトルマーメイド」のスカットル役が現役最後の舞台となった[1][2][3]

出演作品[編集]

出典[編集]

  • 劇団四季 会報誌「ラ・アルプ」
  1. ^ 劇団四季の江上健二さん死去「ライオンキング」など多数出演 肝細胞がん日刊スポーツ、2021年5月13日
  2. ^ 江上健二さん死去 劇団四季俳優時事通信、2021年5月13日
  3. ^ 【訃報】俳優・江上健二劇団四季、2021年5月13日