江北 (足立区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 足立区 > 江北 (足立区)
江北
—  町丁  —
江北駅(2009年6月14日)
江北の位置(東京23区内)
江北
江北
江北の位置
座標: 北緯35度46分26.01秒 東経139度46分11.68秒 / 北緯35.7738917度 東経139.7699111度 / 35.7738917; 139.7699111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 19,645人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 123-0872[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

江北(こうほく)は、東京都足立区西部の町名。江北一丁目から七丁目まで存在する。郵便番号は123-0872[2]

地理[編集]

足立区西部に位置する。隣接する地域は、北は谷在家および鹿浜、東は西新井および西新井本町および、南は扇、西は堀之内および椿。足立区南部を流れる第一級河川荒川放水路の東岸、尾久橋通りの西側に位置する町が江北である。南北に細長い町域を形成しており、地区北部を環七通りが東西に横断し、地区を南北に分断している。環七通り以北の江北六丁目および江北七丁目は比較的土地区画整理事業が行き届いているため、東西・南北に直線的な道路が整備されているが、環七通り以南の江北一丁目から江北五丁目の地域は昔ながらの街並みが広がり、細く曲がりくねった道が多くなっている。

もともとは足立区西部地域の例に漏れない鉄道空白地帯に属していたが、2008年3月30日に日暮里・舎人ライナーが開業した。

広義の江北[編集]

広義の「江北」の範囲は、かつての東京府南足立郡江北村に相当する。旧江北村は現在の町丁名における江北を初め加賀皿沼谷在家鹿浜椿堀之内新田宮城小台を領域とした。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、江北5-3-3の地点で23万5000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

現在の江北地域は主に江戸時代の沼田村、高野村(足立区成立後の上沼田町・下沼田町・高野町)の領域に相当する。

年表[編集]

  • 1889年5月1日 - 東京府南足立郡の沼田村、高野村、鹿浜村、谷在家村、加々皿沼村、堀之内村、宮城村、小台村、鹿浜新田が合併し、江北村が成立。旧村名は村内の大字となる。
  • 1932年10月1日 - 南足立郡が東京市足立区となり、主に大字単位で町名が定められたため、足立における行政地名としての「江北」は一旦消滅する。
  • 1969年8月1日 - 上沼田町・下沼田町・高野町・北宮城町・小台大門町・南堀之内町の一部に住居表示が実施され、江北一-四丁目が成立する。
  • 1971年5月1日 - 上沼田町・北鹿浜町・谷在家町・高野町の一部に住居表示が実施され、江北六・七丁目が成立する。
  • 1974年11月1日 - 高野町の一部に住居表示が実施され、江北一・四丁目に編入される。
  • 1976年10月1日 - 高野町・上沼田町の一部に住居表示が実施され、江北五丁目が成立する。

地名の由来[編集]

「江北」の地名は、1889年(明治22年)の町村制施行で沼田、鹿浜、新田、加々皿沼、高野、谷在家、宮城、小台、堀之内の9か村が合併し「江北村」を形成したことに始まる。「江北」の由来は荒川(現:隅田川)の北に位置していたためであるという。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
江北一丁目 1,340世帯 2,696人
江北二丁目 1,312世帯 2,691人
江北三丁目 1,964世帯 4,001人
江北四丁目 2,295世帯 4,296人
江北五丁目 360世帯 666人
江北六丁目 1,564世帯 2,896人
江北七丁目 1,264世帯 2,399人
10,099世帯 19,645人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
江北一丁目 全域 足立区立扇小学校 足立区立江北桜中学校
江北二丁目 全域 足立区立江北小学校
江北三丁目 全域
江北四丁目 12番
その他 足立区立高野小学校
江北五丁目 全域
江北六丁目 全域 足立区立鹿浜五色桜小学校 足立区立鹿浜菜の花中学校
江北七丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

日暮里・舎人ライナー江北駅/西新井大師西駅

道路・橋梁[編集]

施設[編集]

行政
  • 江北センター
    • 江北区民事務所
    • 江北社会教育館
    • 江北体育館
    • 江北図書館
幼稚園・保育園
  • 江北幼稚園(廃園)
  • 江北白百合幼稚園
  • 足立サレジオ幼稚園
  • 江北保育園
  • 足立区立上沼田保育園
  • 足立区立第二上沼田保育園
  • 足立区立第三上沼田保育園
  • 足立区立沼田保育園
  • 足立区立さつき保育園

教育

  • 足立区立江北小学校
  • 足立区立高野小学校
  • 足立区立江北桜中学校
  • 足立区立鹿浜菜の花中学校
郵便局
  • 足立江北二郵便局
  • 足立江北四郵便局
  • 足立江北郵便局

史跡[編集]

  • 能満寺跡
  • 熊谷堤遺構
  • 裁桜記念碑
  • 江北村制定記念碑
  • 江北不動堂
  • 氷川神社
  • 地福寺
  • 恵明寺
  • 江北村役場跡
  • スタンダード高等学校跡
  • 北野神社
  • 薬王院
  • 帝釈天堂
  • 慈眼寺
  • 稲荷神社

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。