江原達怡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

江原 達怡(えはら たつよし、1937年3月26日 - )は、東京府出身の日本俳優実業家血液型はA型。慶應義塾大学卒。

来歴・人物[編集]

1948年に『鐘の鳴る丘』に子役で出演。その後東宝へ入社し、久保明らと共に若手青春スターとして活躍。1961年にスタートした『若大将シリーズ』では、若大将の友人・江口役でレギュラー出演。加山雄三らと共に若々しい演技に加え、清潔感ある都会派の好青年役で人気を集めた。

その他、黒澤明監督の『椿三十郎』、『赤ひげ』などの名作に出演。岡本喜八監督作品の常連として、『独立愚連隊』、『江分利満氏の優雅な生活』などにも助演し、印象を残した。

スポーツ万能で、スキーゴルフの腕はプロ並み。スキーにおいては、『ニュージーランドの若大将』で、スキーができない酒井和歌子スタントマンを務め、見事な滑走を披露している。また、プロ並の自動車運転技術も持っていて、『ゴー!ゴー!若大将』では、劇中のラリーの指導も行っており、加山に負けず劣らずの才能ぶりである。しかし、反面では水恐怖症のため、カナヅチで水泳は全く出来ないという。『ハワイの若大将』では、劇中で海に突き落とされるシーンがあったため、撮影前に出演辞退を申し出たというエピソードがある。

俳優・児玉清の著作「負けるのは美しく」の中に、児玉が新人時代に喫茶店でサインを求められたとき、同席していた既にスターだった年下の俳優が「この人は雑魚だから、もらっても意味がない」と当時なりの悪意のない発言をするエピソードがあり、前後の関係から江原のことと推察される(同書には江原の実名はない)。

1970年代初め頃から実業家に転身。俳優としての仕事は減少したが、1999年の映画『メッセンジャー』に出演、DVDのオーディオコメンタリーや企画番組に登場するなどその後も度々元気な姿を見せている。近年は長野県で美術館の経営なども行っていたり、環境ジャーナリストを自称している。『若大将シリーズ』で共演した加山とは大学時代からの顔馴染みで、現在まで深い親交を持っている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 風雪「サラリーマン誕生」(1965年、NHK) - 辻村浩一 役
  • ウルトラQ 第1話「ゴメスを倒せ!」(1966年) - 毎日新報・新田記者 役
  • 遊撃戦 第12話(1966年)
  • 傷だらけの天使 第2話「悪女にトラック一杯の幸せを」(1974年)

コメンタリー・インタビュー[編集]

  • DVD ゴー!ゴー!若大将(2006年6月)- コメンタリー(星由里子と出演)
  • 素晴らしき「若大将」の世界(日本映画専門チャンネル、2009年7月)- 中真千子と対談 

著書[編集]

『死に向かう地球 最先端植林プロジェクト「スーパーポローニア」という選択』(現代書林) ISBN 978-4774510613