江口冨士枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江口 冨士枝 Table tennis pictogram.svg
基本情報よみがな えぐち ふじえラテン語表記 EGUCHI Fujie生年月日 (1932-11-18) 1932年11月18日(86歳)国籍 日本の旗 日本出身地 長崎県の旗長崎県長崎市性別 女性選手情報世界ランキング 最高1位段級位 9段利き腕グリップ ペンホルダーフォア面ラバー 1枚ラバー戦型 前陣速攻型経歴学歴 大阪薬科大学所属歴 東レ代表日本の旗 日本代表役職歴 元日本卓球協会副会長[1]国内戦歴
 
獲得メダル
日本の旗 日本
女子卓球
世界卓球選手権
1954 ウェンブリー シングルス
1954 ウェンブリー ダブルス
1954 ウェンブリー 混合ダブルス
1954 ウェンブリー 団体
1955 ユトレヒト ダブルス
1955 ユトレヒト 団体
1956 東京 シングルス
1956 東京 ダブルス
1956 東京 団体
1957 ストックホルム シングルス
1957 ストックホルム 混合ダブルス
1957 ストックホルム 団体
1959 ドルトムント シングルス
1959 ドルトムント ダブルス
1959 ドルトムント 混合ダブルス
1959 ドルトムント 団体
アジア競技大会
東京1958英語版 ダブルス
1958 東京 混合ダブルス
1958 東京 団体
1958 東京 シングルス
アジア卓球選手権
1953 東京 ダブルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

江口 冨士枝(えぐち ふじえ、1932年11月18日 - )は、長崎県長崎市出身の卓球選手。1957年世界卓球選手権で女子シングルス・混合ダブルスで優勝、1958年アジア競技大会で女子ダブルス・混合ダブルスで優勝など、1950年代の日本卓球界黄金期を支えた名選手。その驚異的なフットワークは「超人的」と世界から称賛された。1997年にはその功績をたたえられ世界卓球殿堂入りを果たした。

また、選手としての第一線を退いた後は、大阪卓球協会の会長や日本卓球協会のレディース委員会委員長を務めるなど精力的に卓球界を支えている。 2010年10月、ニッタク卓球教室大阪枚方校(コスパ御殿山内)のアドバイザーコーチ就任。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]