江坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江坂ウエストサイドストリート

江坂(えさか)とは、大阪府吹田市南西部に位置する江坂町を中心とした大阪市高速電気軌道御堂筋線江坂駅一帯の広域地名。

概要[編集]

一般にはおおむね江坂駅が最寄り駅となる地域を江坂という。吹田市の都市計画などの政策では、江坂町一丁目~四丁目、江の木町、垂水町一丁目~三丁目、豊津町、広芝町、芳野町を「豊津・江坂地域」としている[1]。なお、豊津町は江坂駅の西側に面する町域であり、当地域の東端にある阪急千里線豊津駅とはまったく異なる場所である。また、江坂町五丁目は、名神高速道路の北側で国道423号新御堂筋)の東側の地域である「千里山・佐井寺地域」に分類されている。

「江坂」と名の付く施設(ビル・マンション、店舗など)は、上記の各町域のほか、糸田川を越えた東側の南金田一丁目・二丁目、金田町に見られる。ただし、垂水町一丁目の東部、垂水町二丁目は当地域の東端にある阪急千里線豊津駅が最寄り駅となるため、「江坂」と名付けられた施設は少なくなる。

国道423号(新御堂筋)と国道479号(内環状線)の交点(この交差点の名称は広芝町)であり、新御堂筋と内環状線以外は、2車線以下の細い道路が多い。

Osaka Metro御堂筋線大阪市都心から伸び、江坂駅を介して北大阪急行電鉄南北線直通運転する、交通の要衝である。

大阪市の副都心と称される地区だが、その繁華街は南北に長く、東西方向にはあまり厚くない。特に豊津第二小学校より西側では再開発がされておらず、昔からの一戸建てやアパート等の多い住宅地が広がっている。

大阪都心部へ近いのに加え、周囲に大学予備校が多いことなどから、人口増加が続いている。

各種大規模小売店舗、コンビニも充実している。

江坂駅周辺の約400メートル四方は、吹田市の条例により喫煙禁止地区である。吸い殻入れを設置していない道路、公園など公共の場での喫煙が禁止になっている。江坂駅周辺でのたばこのポイ捨てが吹田市内の他の駅と比べて多かったため、吹田市では江坂駅周辺を先行して喫煙禁止地区に定められた。

歴史[編集]

平安時代以来、江坂一帯から西隣の豊中市小曽根にかけては、「榎坂郷」として東寺荘園だった。かつては「榎坂」と書き、現在も一部施設などにこの表記が残っている。ともに天井川である糸田川高川に挟まれた低地で、大阪北郊の田園地帯だった。

1960年代以降に南吹田土地区画整理事業が行われ、加えて1970年の千里万博に合わせて地下鉄・北急の敷設と新御堂筋の整備がなされた。千里ニュータウンの前衝地帯として開発が進んで人口が増加し、大企業も本社を構えるようになったり、大企業の大阪支店が大阪市内から相継いで移転するなど、大阪の副都心の性格を持って発展した。

僅かではあるが、ビルやマンションの間に水田が残っている。

なお、江坂の由来が大阪の江戸という噂話もある。

年表[編集]

  • 1889年4月1日 - 豊島郡榎坂村、垂水村が合併して豊津村となる。旧村内の地名から1字ずつ取った合成地名。
  • 1940年4月1日 - 吹田市に合併。
  • 1970年2月24日 - 大阪市営地下鉄御堂筋線の新大阪駅~江坂駅が延伸開業。同時に北大阪急行江坂駅~千里中央駅間も開業。
  • 1972年9月 - 大同生命江坂ビル竣工。
  • 1975年3月31日 - 江坂東洋ビル(現・パシフィックマークス江坂ビル)竣工。
  • 1978年 - 江坂駅南改札口供用。
  • 1983年4月17日 - 吹田市立中央図書館江坂分室を供用開始。
  • 1996年4月1日 - 吹田市立中央図書館江坂分室を「吹田市立江坂図書館」と名称変更し供用開始。
  • 2005年4月1日 - 「吹田市環境美化に関する条例」により喫煙禁止地区を設置。

施設[編集]

ビル

  • パシフィックマークス江坂ビル(旧・ダイエー本社ビル→江坂東洋ビル)- 江坂駅北口の西側に直結
  • 大同生命江坂ビル - 江坂駅北口の東側に直結

公共施設

  • 江坂公園
  • 吹田市立江坂図書館
  • 江坂市民サービスコーナー - 吹田市役所の出張所窓口

公立学校

郵便局

  • 吹田江坂郵便局
  • 吹田江坂一郵便局
  • 吹田江の木郵便局
  • 吹田垂水郵便局

金融機関(1998年現在で存続していた金融機関を掲載)[編集]

1990年代のバブル崩壊までは江坂界隈に多くの金融機関が存在したが、合併や破綻により、その数は半減してしまった。だが、近年では南都銀行や紀陽銀行、大阪

厚生信用金庫が進出している。

               旧富士銀行所在地でみずほ銀行 江坂支店として営業しており、店籍のみが存続した格好となっている。

               第一勧業銀行の項で前述した通り、転籍は消滅したものの、当時の店舗は存続している。合併により、江坂支店から名称変更した。

               移転し、同じ窓口で営業している。だが、システム上はすべての取引が江坂支店で行ったという扱いになり、通帳の店番欄には074

               と表示される。現在の三菱UFJ銀行 江坂駅前支店。

               同支店と同じ窓口で営業している。現在の三菱UFJ銀行 江坂支店。

               旧住友銀行時代から店舗統廃合を行ったことがない。

               廃合を行ったことがない。

  • 関西アーバン銀行 江坂支店:
  • 池田泉州銀行 江坂支店
  • 南都銀行 江坂支店
  • 紀陽銀行 江坂支店
  • 福徳銀行 江坂支店
  • 大阪厚生信用金庫 江坂支店
  • 摂津水都信用金庫 江坂支店
  • 十三信用金庫 十三江坂支店

寺社[編集]

  • 素盞嗚尊神社(江坂神社、牛頭天王社)
    • 牛頭山松泉寺(もと瑞泉寺、福泉寺、松泉庵) – 妙心寺派
  • 油掛地蔵尊
  • 甘露山法泉寺 – 本願寺派。薬医門・鐘楼が吹田風物百選に指定されている。

本社や主要拠点がある企業や団体[編集]

新御堂筋に面する代々木ゼミナール
吹田市も参照

メーカー

IT・ソフトウェア

  • TIS (旧・東洋情報システム) - 大阪本社

ゲーム制作

食品・外食

小売

出版

サービス

教育

ホテル

  • 新大阪江坂東急REIホテル(東急ハンズと同一ビル内)
  • ジーアールホテル江坂

不動産

  • 株式会社PIC ヘヤなび。江坂店

交通[編集]

江坂駅ホーム

脚注[編集]

[ヘルプ]