江尻憲泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

江尻 憲泰(えじり のりひろ)は、日本の構造家。江尻建築構造設計事務所主宰。長岡造形大学非常勤講師から現在教授日本女子大学非常勤講師。

実務において直面する多くの課題を研究課題としている。近年、調査・研究を行っている課題としては、建物の連成振動や竹の構造研究で、FRP折板構造、球型ボイドスラブの開発等、多岐に渡る。球形ボイドスラブの開発・研究は継続的に行っている。

略歴[編集]

主な作品[編集]

  • アトリエハウス
  • 子育て支援施設+公共公園+河川土手上の桜並木遊歩道 長岡市子育ての駅千秋「てくてく」+千秋が原南公園+信濃川桜づつみ (2009年度 グッドデザイン賞 受賞)
  • ミラノサローネ出展 展示構造設計
  • 鎌倉・ハニカム床の家
  • ひろがるすまい
  • 足立区S邸 (通称うるとら邸)
  • ナゴヤドーム
  • 白井T邸
  • 平塚K邸
  • ルシアン ペラフィネ 心斎橋店
  • a/ha house アハ ハウス
  • 玉堤の家

参考文献[編集]

  • 日経アーキテクチュア, 2007年05月14日
  • 建築知識 2007年1月号
  • 新建築 2009年12月号
  • 新建築住宅特集 /2007年 4月号
  • 世界で一番やさしい建築構造―110のキーワードで学ぶ (エクスナレッジムック世界で一番やさしい建築シリーズ 2)