江島恵教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江島 恵教(えじま やすのり、1939年(昭和14年)8月28日 - 1999年(平成11年)5月22日)は、日本の仏教学者

来歴[編集]

佐賀県唐津市生まれ。1958年佐賀県立鹿島高等学校卒、1962年東京大学文学部印度哲学梵文学科卒、1966年同大学院博士課程中退、東京大学東洋文化研究所助手、1972-1974年ドイツゲッティンゲン大学で在外研修、1974年助手を退官、1975年「Bhavavivekaを中心とする中観学派の研究 空性論証の論理をめぐって」で東大文学博士。1978年長岡技術科学大学助教授、1982年東大文学部助教授、1987年教授定年前に病没。没後従四位勲三等瑞宝章受勲。

著書[編集]

  • 『中観思想の展開 Bhavaviveka研究』春秋社、1980
  • 『空と中観』春秋社、2003

編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『空と実在 江島惠教博士追悼記念論集』春秋社、2001

参考[編集]

  • 『空と実在』附載略年譜