江川卓 (ロシア文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

江川 卓(えがわ たく、1927年1月24日 - 2001年7月4日)は、東京都出身のロシア文学者東京工業大学名誉教授。本名は「馬場 宏(ばば ひろし)」。

フョードル・ドストエフスキー翻訳研究などで知られる。NHKロシア語講座の講師も長く務め、多くの人に親しまれた。

略歴[編集]

ロシア文学者の外村史郎こと馬場哲哉の長男として出生。弟に『新婚さんいらっしゃい!』などの番組を制作した元朝日放送テレビプロデューサーの馬場淑郎がいる。

東京府立第十中学校第一高等学校を経て東京大学法学部卒業。ロシア語は独学で、終戦後実地で鍛え上げた[1]。中学の同期に経営者・詩人の堤清二がいる。東京工業大学助教授、同大学教授、中京大学教授を歴任した。東京工業大学から名誉教授の称号を受ける。1987年、『謎解き「罪と罰」』で読売文学賞受賞。

2001年7月4日午前9時13分、気管支炎のため74歳で逝去した。

ペンネーム[編集]

ペンネームの「江川卓」は、1953年頃から名乗っている[2][3]。本名と無関係のペンネームを使用したのは、戦後間もない頃のロシア文学に携わっていると共産主義者であると疑われていたような時代に秘密の文学サークルを作って活動していた名残である。

由来は、中国の揚子江で酒を呑んだらうまかろうという思いから[4]

読売ジャイアンツの野球選手だった江川卓(えがわ・すぐる、こちらは本名)と読み方こそ違えど漢字が同じであるため、江川事件の際には巨人の選手と混同した野球ファンから大量の間違い電話がかかってきた[2][3]。間違い電話の内訳は、悪口が3回に対して激励が2回という感じで[2]、同姓同名であるためか悪口も激励も身につまされたという[2]。またこれも偶然であるが、ロシア文学者の江川はプロ野球誕生期からの巨人ファンでもあった[2]

同姓同名の両者は後に月刊Asahiの企画で対面した[3]。その席上、前述の1978年のドラフトの際に迷惑がかかったことについて、野球の江川卓がロシア文学者の江川卓に謝罪している[3]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 井上光晴)『新しいソビエトの文学(全6巻)』(勁草書房、1967年-1968年)
  • 水野忠夫)『全集・現代世界文学の発見(1)革命の烽火』(学芸書林、1969年)
  • 栗栖継)『全集・現代世界文学の発見(11)社会主義の苦悩と新生』(学芸書林、1970年)
  • 原卓也)『ドストエフスキー・アルバム』(新潮社、1978年)
  • 亀山郁夫)『ドストエフスキーの現在』(JCA出版、1985年)

訳書[編集]

  • レーニン『文学論』蔵原惟人共編訳 青木文庫、1954
  • 『ソヴェト芸術論争』鹿島保夫共編訳 青木文庫 1954
  • シーモノフ,フアジェエフ『社会主義リアリズムの道』鹿島保夫共訳 未來社、1954
  • ヴェ・イワノフ『ソヴェト文学運動史』鹿島保夫共訳 青木文庫、1955
  • ミハイル・ショーロホフ静かなるドン樹下節共訳、角川文庫、1955-58
  • ヴェ・ヴェ・スターソフ『国民音楽論 ロシア楽派の歴史』三一書房 1955
  • A.アジュベイ等『フルシチョフじかに見たアメリカ―コミュニスト、資本主義国へ行く』光文社カッパ・ブックス、1960
  • Y・ガガーリン『宇宙への道』(新潮社、1961)
  • ヤン・オチェナーシェク『ロメオとジュリエットと暗黒』杉野喬共訳 三一書房、1962
  • ソルジェニーツィン『イワン・デニソビッチの一日』(毎日新聞社、1963、のち講談社文庫
  • ユハン・スムール『氷の本 ソ連南極学術調査隊遠征日誌』水野忠夫共訳 日本文華社、1964
  • ゲオルギー・プレハーノフ『芸術と社会生活』蔵原惟人共訳 岩波文庫、1965
  • ニーナ・コステリナ『ニーナの日記』集英社 1965
  • ヤセンスキー『パリを焼く』(集英社「世界文学全集31」、1967)
  • ドストエフスキー『罪と罰』(旺文社文庫、1966-67、改訳され岩波文庫全3巻、1999-2000、のちワイド版)
  • ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(集英社版「世界文学全集45.46」、1979)
  • ドストエフスキー『地下室の手記』(新潮世界文学、1968、新潮文庫、1969 新潮社「全集」)
  • ドストエフスキー『悪霊』(新潮文庫全2巻、1971、新潮社「全集」)
  • スヴェトラーナ・アリルーエワ『スベトラーナ回想録―父スターリンの国を逃れて』(新潮社、1967)
  • イリヤ・イリフ,エウゲニー・ペトロフ『十二の椅子』筑摩書房、1969
  • ソルジェニーツィン『1914年8月――旧暦8月10日-21日(上・下)』(新潮社、1972)
  • ヤセンスキー『無関心な人々の共謀』工藤幸雄共訳 河出書房新社、1974
  • ソルジェニーツィン『クレムリンへの手紙』(新潮社、1974)
  • ソルジェニーツィン『チューリヒのレーニン』(新潮社、1977)
  • パステルナークドクトル・ジバゴ』(上・下)(時事新報社 1980/新潮文庫 1989)
  • E.トーポリ『ソ連潜水艦U137 人工地震エンマ作戦』中央公論社,1984
  • ユーリー・トリーフォノフ『その時、その所』吉岡ゆき共訳 群像社 1987
  • E.トーポリ『赤いパイプライン』新潮文庫、1988

脚注[編集]

  1. ^ [新潮文庫 悪霊]、訳者紹介
  2. ^ a b c d e 江川卓(ロシア文学者)、「同姓同名の快」、『現代』第18巻第6号、1984年6月、432-433ページ。
  3. ^ a b c d 染、「同姓&同名① 江川卓さん 野球解説者/ロシア文学者」、『月刊Asahi』第3巻第1号、1991年1月、246ページ。
  4. ^ 朝日新聞東京本社企画報道部編『惜別 忘れ得ぬ人たち』主婦の友社、2003年、p16