江川英長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
江川英長
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄4年(1561年
死没 寛永9年6月27日1632年8月12日
改名 英長、荷年(号)
別名 太郎左衛門
戒名 日啓
主君 北条氏直徳川家康、北条氏直、徳川家康、秀忠
氏族 清和源氏頼親流宇野氏族江川氏
父母 江川英吉
兄弟 英長、源四郎、江川吉久室、徳川家康侍女
梅菊、千松、英政
板坂卜斎室

江川 英長(えがわ ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代武将

略歴[編集]

父と同じく後北条氏に仕えたが、しばしば徳川家康を訪ねて親交があった。だが笠原隼人という同僚にこの事を讒言されたため、笠原を殺して出奔し、北条氏規の助力を得て家康に仕える事になった。天正11年(1583年天正壬午の乱での講和条件として、督姫入嫁に従って帰国した。天正18年(1590年小田原征伐の際には再度出奔して徳川軍に加わり、韮山城に籠城した父英吉と通じて和睦交渉を行った。戦後は父の旧領を与えられた。また鎌倉時代より伝わる造酒の室の修理を許され、後に家康・秀忠父子に酒を献じて賞された。

参考文献[編集]