江州 (江西省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江州(こうしゅう)は、中国にかつて存在した晋代から元代にかけて、現在の江西省一帯に設置された。

概要[編集]

291年元康元年)7月、西晋により揚州豫章鄱陽廬陵臨川南康建安晋安および荊州武昌桂陽安成の10郡を分離して、江州が立てられた。州治は豫章県に置かれた。307年永嘉元年)、桂陽郡が湘州に移管された。340年咸康6年)、東晋により尋陽県に州治が移された。後に庾翼が豫章に州治を戻したが、ほどなく再び尋陽が州治とされた。

南朝宋のとき、江州は尋陽・豫章・鄱陽・臨川・廬陵・安成・南康・建安・晋安の9郡65県を管轄した[1]

南朝斉のとき、江州は尋陽・豫章・臨川・廬陵・鄱陽・安成・南康・南新蔡・建安・晋安の10郡を管轄した[2]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、尋陽郡と太原郡が廃止されて、江州に編入された。江州は湓城彭沢の2県を管轄した。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、江州が九江郡と改称された[3]

621年武徳4年)、唐により九江郡は江州と改められ、湓城・潯陽・彭沢の3県を管轄した。622年(武徳5年)、湓城県が分割されて楚城県が置かれ、彭沢県が分割されて都昌県が置かれた。貞観8年)、楚城県が廃止されて潯陽県に編入された。742年天宝元年)、江州は潯陽郡と改称された。757年至徳2載)、至徳県が置かれ、潯陽郡に属した。758年乾元元年)、潯陽郡は江州と改称された[4]

北宋のとき、江州は江南東路に属した。1127年建炎元年)、南宋により定江軍節度が置かれた。1131年紹興元年)、江州は江南西路に転属した。江州は徳化徳安瑞昌湖口・彭沢の5県を管轄した[5]

1275年至元12年)、元により江東西宣撫司が置かれた。1276年(至元13年)、江西大都督府と改められ、揚州行省に属した。1277年(至元14年)、都督府が廃止され、江州路とされ、龍興行都元帥府に属した。後に江西等処行中書省が置かれてこれに属した。1279年(至元16年)、黄蘄等路宣慰司に属した。1285年(至元22年)、再び江西行省に属した。江州路は徳化・瑞昌・彭沢・湖口・徳安の5県を管轄した[6]1361年朱元璋により江州路は九江府と改められた[7]

脚注[編集]

  1. ^ 宋書』州郡志二
  2. ^ 南斉書』州郡志上
  3. ^ 隋書』地理志下
  4. ^ 旧唐書』地理志三
  5. ^ 宋史』地理志四
  6. ^ 元史』地理志五
  7. ^ 明史』地理志四