江府三次道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
国道183号標識
江府三次道路
国道183号 バイパス
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
江府三次道路(生山道路)
(2011年1月15日)

江府三次道路(こうふみよしどうろ)は、鳥取県日野郡江府町から広島県三次市に至る延長約90 kmの地域高規格道路である。国道183号バイパスとしても機能する。鳥取県側が約40 km、広島県側が約50 kmとなっている。

構成する道路[編集]

2010年6月現在、供用されているのは生山道路と高道路の7.6kmのみである。途切れ途切れに事業が進められており、以下の道路は連続して繋がっていない。

江府道路[編集]

  • 起点:鳥取県日野郡江府町佐川
  • 終点:鳥取県日野郡江府町武庫
  • 延長:4.2km
  • 幅員:全幅員10.0m、車道6.5m (完成2車線)
  • 車線数:2車線
  • 道路規格:第3種第2級
  • 設計速度:60 km/h

江府道路(こうふどうろ)は、鳥取県日野郡江府町佐川から同町武庫に至る延長約4.2 kmの道路である。

平成17年度に事業着手し、平成20年代の供用を目指している。

生山道路[編集]

  • 起点:鳥取県日野郡日野町福長
  • 終点:鳥取県日野郡日南町
  • 延長:4.6km
  • 幅員:全幅員11.5m、車道7.0m (2車線)
  • 車線数:2車線
  • 道路規格:第1種第3級
  • 設計速度:80km/h

生山道路(しょうやまどうろ)は、鳥取県日野郡日野町福長から鳥取県日野郡日南町霞に至る延長4.6 kmの国道183号バイパス(自動車専用道路)である。

なお、本道路の開通に伴い、並行していた道路は、2006年(平成18年)3月31日鳥取県告示第233号により、国道の指定から外れ、日野町道・日南町道・鳥取県道223号生山停車場線岡山県道・鳥取県道8号新見日南線となっている[1]

インターチェンジなど[編集]

  • 施設欄の背景色がである区間は未開通区間または未供用施設に該当する。未開通区間の名称は全て仮称である。
  • 路線名の特記がないものは市町村道
  • BSのうち、○は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。▲は近傍に高速バス向けのバス停があった(付帯施設ではなかった。現在は休止中)。
施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
計画路線
諏訪IC 国道183号 0.0 日野町
かすみIC 3.6 日南町
丸山下IC 国道183号
県道8号新見日南線
4.6
計画路線

鍵掛峠道路[編集]

  • 起点:広島県庄原市西城町高尾
  • 終点:鳥取県日野郡日南町新屋
  • 延長:12.0 km
  • 規格:第3種第3級
  • 道路幅員
    • 一般部:10.0m
    • 橋梁部・トンネル部:7.0m
  • 車線数:2車線
  • 車線幅員:3.0m
  • 設計速度:60 km/h

鍵掛峠道路(かっかけとうげどうろ)は、広島県庄原市西城町高尾から鳥取県日野郡日南町新屋に至る延長4.6 kmの道路である。国道183号の難所である広島県と鳥取県の県境部を通る鍵掛峠のバイパス道路となっている。

鍵掛峠道路は高尾三坂区間と鍵掛峠区間の二区間で構成されており、高尾三坂区間(5.0 km)が平成12年2月に整備区間に指定、鍵掛峠区間(7.0 km)は平成17年3月に整備区間に指定された。

現在は全線未供用となっている。

高道路[編集]

  • 起点:庄原市高町段
  • 終点:庄原市高町植松
  • 延長:3.0 km
  • 幅員:20.5 m(暫定時10.5 m)
  • 車線数:4車線(暫定2車線)
  • 道路規格:第3種第1級
  • 設計速度:80 km/h
  • 規制速度:60 km/h
  • 事業年度:1997年度

高道路(たかどうろ)は、広島県庄原市高町段から同市高町植松に至る延長3 kmの国道183号バイパスである。2008年(平成20年)3月9日供用開始。総事業費は110億円。

なお、本道路は一般道路であり、案内標識も青色となっているが、歩行者、自転車、原付は通行不可である。

沿革[編集]

  • 1994年(平成6年)12月:地域高規格道路の計画路線に指定
  • 1995年(平成7年)8月:調査区間指定 広島県庄原市 - 庄原市(約9 km)
  • 1996年(平成8年)8月:整備区間指定 広島県庄原市 - 庄原市(高道路 約3 km)
  • 1997年(平成9年)10月:調査区間指定 広島県庄原市西城町 -庄原市(約9 km)庄原市 - 三次市(約9 km)
  • 2000年(平成12年)12月:整備区間指定 広島県庄原市西城町 - 庄原市西城町(高尾三坂道路約5 km)
  • 2004年(平成16年)3月:調査区間指定 鳥取県日野郡日南町 - 広島県庄原市西城町(約3km)
  • 2005年(平成17年)3月:整備区間指定 鳥取県日野郡日南町 - 広島県庄原市西城町(鍵掛峠道路約3 km)
  • 2005年(平成17年)7月26日:生山道路 諏訪IC - 丸山下IC供用開始
  • 2006年(平成18年)3月31日:鳥取県告示第233号により、生山道路 諏訪IC - 丸山下IC間が国道183号の本線となり、並行していた旧道は国道指定を解除[1]
  • 2008年(平成20年)3月9日:高道路 全線完成(暫定2車線)
  • 2008年(平成20年)12月15日:かすみICにバスストップを設置

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成18年3月31日付鳥取県公報号外第66号 (pdf)”. 鳥取県 (2006年3月31日). 2016年4月23日閲覧。

関連項目[編集]